人を笑わせることが大好きで、笑わせるためなら命がけで何でもやる“学園の爆笑王”こと上妻圭右(間宮祥太朗)と、高校生ながら元プロ芸人の辻本潤(渡辺大知)の成長と奮闘を描いた青春ドラマ『べしゃり暮らし』(森田まさのり原作)の

次回 11月28日(土)よる10時 第8話が放送の日本テレビ系土曜ドラマ「35歳の少女」。不慮の事故により10歳で突然長い眠りにつき、25年ぶりに目覚めた主人公・望美(柴咲コウ)。外見は35歳、中身は10歳のままだった少女の成長と葛藤を描き、第7話ではついに心

ページトップへ
Twitter Facebook