突然目の前に現れた美しきセミの王子様と暮らすことになった、さえないアラサー女子。ふたりの7日間の純愛を国民的脚本家・岡田惠和が大人のおとぎ話として描く、山田涼介主演の金曜ナイトドラマ『セミオトコ』。 この夏、毎週視聴者に

9月30日(水)よる9時 日本テレビ系で放送の2時間スペシャルで最終回を迎える「私たちはどうかしている」。今回は七桜(浜辺美波)の母・百合子(中村ゆり)の手紙を届けた出会いから、献身的に七桜を支えてきた多喜川を演じた山崎育三郎、一時は女将・今日子(観月ありさ)

ページトップへ
Twitter Facebook