今日8月19日(月)から開幕する「世界バドミントン」。

同大会は、各国から強豪選手が集い、“真の世界一”を決める大会となっている。さらに今年は五輪レースの真っ只中で、例年にも増して選手たちにとって特別な意味を持つ。

2020年東京五輪を前に、日本人選手の活躍に期待が高まるが、中でも注目は桃田賢斗(24歳)だろう。

©テレビ朝日

桃田は2018年9月に世界ランク1位となって以降、2019年8月現在まで首位を独走。今年2019年も、「全英オープン」で日本人男子史上初となる優勝を飾り、「ダイハツ・ヨネックスジャパンオープン」では連覇を果たすなど、すでに5つのトーナメントを制覇している。

上記のように、バドミントンにそう詳しくない人でも、“桃田が強い”ことを知っている人が多いと思うが、彼の強みを答えられる人は、一体どれくらいいるだろうか?

今回はあえてシンプルに、桃田の何がすごいのかを、北京、ロンドン五輪に出場したバドミントン元日本代表の池田信太郎氏(テレビ朝日解説)にぶつけてみた――。

◆桃田の強さは「相手の足を止められるところ」

池田氏に「桃田の強さは?」と尋ねると、実にシンプルな答えが返ってきた。

「相手の足を止められるところです」(池田氏)

桃田は、同じようなフォームで、ストレート、クロスと複数のショットを打ち分けるため、相手に行動を読まれにくいのだという。

そうすることで相手の動きを鈍くさせ、自らのペースに持ち込むことができるというのだ。ではなぜ、桃田だけが相手の足を止めるができるのだろうか?

「まず、左利きであるということは大きいと思います。右利きより左利きの方が圧倒的に選手として少ないので。

そしてある意味、桃田君の“感性”みたいなものがあるんですよね。教えたから出来るものではなくて、自分で強い選手を見て分析して取り込まなくてはいけないので…。そういった感性が素晴らしいなと思います」(池田氏)

©テレビ朝日

左利きという有利な点があることに加え、繰り返し分析をして、最大限にアウトプットすることができる感性を兼ね備えているというのだ。

◆「自分の力で連覇したい」

しかし、海外勢が桃田をマークしていることは明らかで、桃田のショットにも確実に対応してきているという。

「桃田君のリズムでやらせてしまうと難しいというのは、みんな分かっているので、最初からトップスピードでギアを入れて、桃田君のストローク戦に持ち込ませないように、先手でプレッシャーをかけることが多くなった気がします」(池田氏)

挑戦者として、相手選手がアグレッシブに攻めてくることは必至で、桃田はそこを守り抜くことに加えて、“攻守のバランス”を大切にすることが重要だと池田氏は分析する。

「攻撃とディフェンスの割合が、どういう配分になるかというのが、かなり大切だと思います。

(7月に行われた)『ダイハツ・ヨネックスジャパンオープン』では、ディフェンスと攻撃の割合が6:4ぐらいで、要所で攻撃できていたので、ちょうどいいバランスのような気がします」(池田氏)

桃田自身も、世界一の選手として追われる立場になっていることは自覚している。だからこそ、「世界バドミントン」に懸ける思いも例年以上に強い。

「去年は棄権する選手がいたり、クジ運が良かったりと言われたので、今年はしっかり自分の力で連覇したいです。偶然だったと言われないように、連覇を狙いに行きたいと思います」(桃田)

©テレビ朝日

2020年東京五輪での金メダル獲得に向けて――まずは「世界バドミントン」で王者の力を見せつける。

※番組情報:『世界バドミントン』
テレビ朝日(関東地区):
8月22日(木)深夜2時33分~ 3回戦
8月23日(金)深夜2時25分~ 準々決勝
8月24日(土)深夜0時45分~ 準決勝
8月25日(日)深夜1時25分~ 決勝

CSテレ朝チャンネル:8月19日(月)1回戦~23日(金)準々決勝
BS朝日:8月24日(土)準決勝、25日(日)決勝
テレ朝動画  :8月19日(月)~25日(日)大会期間中は連日配信、見逃し視聴も!

※上記放送時間は変更となる可能性がございます

テレ朝POST

令和元年12月30日(月)に開会し、翌年1月13日(月・祝)に決勝戦が行われる『第98回全国高校サッカー選手権大会』の応援歌が、史上最年少となる16歳の三阪咲(みさか さき)の「繋げ!」に決定した。三阪は、SNSや動画サイトなどで高校生を中心に若い世代の注目を集める現役高校1年生だ。今回は、応援歌に加え、もう1曲“みんなのアンセム”を制作・展開していくことも発表された。

ページトップへ
Twitter Facebook