華麗なる家庭で育ち、言いたいことを遠慮なく口にしちゃう、石原良純長嶋一茂高嶋ちさ子ら怖いもの知らずのメンバーが、いま世間をザワつかせている社会現象について独自トークを繰り広げるザワつく!金曜日

8月9日(金)の放送では、「天気予報を考える」というテーマについて3人が議論を繰り広げた。

©テレビ朝日

日本の民間気象会社ウェザーニューズ社では、天気予報の的中率が90%だという。なぜ、そこまで正確なのか?その驚くべきシステムや、さらに進化を続ける天気予報の裏側に密着した。

スタジオでは、天気の週間予報についてトークを展開。この件に関して、気象予報士の良純は「そんな先の天気はわからん!」とキッパリ!ただ「今の気象予報なら、明日の天気はほぼ当たる」と言う。

良純は「気象庁のホームページでは、予報の精度がA〜Cでわけられている。明日、明後日の天気についてはAで発表しているが、それ以降の天気にはBやCがついている」と、専門家ならではの知識を披露した。

すると一茂が「1週間後の天気予報の精度が高くないんだったら、3日間ぐらいの予報でいいんじゃない?」と話すと、良純はかつてお天気中継で、キャスターから明後日の天気について聞かれた際、「明後日のことなんか知りたいですか?」と返したら、そのことが理由で番組を解任されたともっぱら噂になったという驚きのエピソードを明かす。

この噂を良純は「そんなことはない」と否定。良純は「明後日の天気は、明日確かめたほうが(精度が上がるので)良い」と視聴者に天気予報の見方についてアドバイスした。

そして、進行役のサバンナ高橋茂雄がウェザーニューズ社のスマートフォンアプリを紹介。同アプリでは、的中率90%を誇るゲリラ雷雨予報を提供している。

ちさ子はこのアプリに興味津々。「聞いたことはすぐやるの」と言いながら、収録中にもかかわらず自身のスマホを触ってそのアプリをダウンロードしようとする。

この行動を見かねた高橋が「今、やらんでええやん!」と注意するが、ちさ子は我関せずの様子で「電波入んない!」とスタジオの電波状況にクレーム!相変わらずのマイペースぶりを見せつけていた。

©テレビ朝日

©テレビ朝日

そんなちさ子はこの日、男性チェリスト6名とともに、一茂の大好きな『愛のテーマ』〜映画『ニュー・シネマ・パラダイス』よりをスタジオで生演奏。いつもはスタジオでちさ子と“舌戦”を繰り広げる一茂だが、このときばかりは「カッコいいじゃん」とちさ子の演奏を絶賛した。

※番組情報:『ザワつく!金曜日
毎週金曜日 夜8時57分〜、テレビ朝日系24局

テレ朝POST
ページトップへ
Twitter Facebook