8月30日(金)、テレ朝チャンネル1にて、NMB48白間美瑠の初冠番組NMB48白間美瑠の金メダル獲ったんで!が放送されることが決まった。

同番組で白間は、2020年東京五輪の新競技の注目選手を独自の目線で取材するほか、48グループ随一の運動神経で新競技にチャレンジし、その楽しさや奥深さをカラダを張って体験していく。

◆サーフィンで持ち前のセンス発揮!

2020年東京五輪のサーフィン競技開催地である房総半島・九十九里浜。釣ヶ崎海岸のすぐ近くで白間が出会ったのは、16歳にしてサーフィン日本代表の脇田紗良選手。

「いま、波の上でダンスしてましたよね!」と実際のパフォーマンスを目の当たりにした白間は、脇田選手に羨望の眼差しを送る。

実はサーフィン経験があるという白間は、浜辺でパドリングからライディングまでの基本動作を学んだ後、さっそく海へ!

久しぶりだったせいか、最初はなかなか波に乗れなかった白間だが、持ち前のセンスで徐々に立ち始め、陸から離れて大きな波の方へ。脇田選手のアドバイスに「動きに無駄がないわ~!」と惚れ惚れする表情でそのテクニックを習得し、波乗りジャパンの凄さを身をもって体感した。

さらに白間は、脇田選手の自宅も訪問。日常のトレーニングの様子を見学したり、ほぼ毎日食べているという“五輪への勝利のレシピ”でもある餃子作りを体験したりと時間を過ごした。

◆「普通は2日を要する」白間の運動神経を絶賛!

そして、2つ目の新競技紹介は「スポーツクライミング」 。

スポーツクライミングとは、「スピード・リード・ボルダリング」の複合競技。その中でも「リード」を得意とするリード・ボルダリング日本代表・小武芽生選手(22 歳)が、高さ10mはあろうかという場所から白間を待ち受けた。

実は白間、今年4月から雑誌の連載で本格的にクライマーを目指して挑んでいるのだが、まだあまり馴染みのない「リード」という競技に興味津々。さっそく体験すべく、ハーネス(安全ベルト)とそれに巻き付けられたロープを身体に縛りつける。

高さ12m――。えげつない角度で立ちはだかる壁と、1対1の真剣勝負。白間は、「絶対ムリですよ」と言いながらも、想像を超える根性と運動神経で“てっぺん”を目指すことに。

「ここまでのレベルに行くには、普通は2日を要するんですけどね!」と小武選手に言わしめたほどのパフォーマンスに注目だ!

※番組情報:『NMB48白間美瑠の金メダル獲ったんで!
2019年8月30日(金)よる7時~8時、CSテレ朝チャンネル1

※スカパー!(ch.298)、プレミアムサービス(ch.611)、プレミアムサービス光(ch.611)、ひかりTV(Ch.556 )、J:COM(Ch.755)またはケーブルテレビでご覧いただけます。

テレ朝POST

マツコ・デラックスと関ジャニ∞の村上信五がMCを務める『月曜から夜ふかし』(日本テレビ系、毎週月曜23:59~)の2時間SP『月曜から夜ふかし~秋の日本の大大大問題 一斉調査SP~』が、10月14日21時から放送される。

ページトップへ
Twitter Facebook