1983年、映画『家族ゲーム』(森田芳光監督)で主人公の悩める高校生を演じ、日本アカデミー賞優秀新人賞を受賞した宮川一朗太さん。 テレビ、映画と順調に出演を続けるが、大人の男への転換期である20代後半ぐらいから徐々に仕事

世の中には“言葉のプロ”と言われる職業は数多くありますが、“話し言葉のプロ”と聞いて多くの人が思い浮かべる職業といえば、アナウンサーでしょう。 そんなアナウンサーたちは、日常会話においてはどんなことを意識しているのか?

ページトップへ
Twitter Facebook