1965年、萬屋錦之介(中村錦之助)さんとの結婚生活は破綻した有馬稲子さんだったが、舞台の仕事は次々と舞い込み、翌年『風と共に去りぬ』(脚本演出:菊田一夫)のスカーレット・オハラを演じることになる。 有馬さんは文字通り、

ラグビーワールドカップで活躍したスターが集結する世界最高峰プロリーグ、フランスラグビーリーグ「TOP14」。 1892年に発足し、現在、興行的にもっとも成功しているリーグといわれ、決勝戦は約8万人がスタジアムを埋める。

ページトップへ
Twitter Facebook