1965年、萬屋錦之介(中村錦之助)さんとの結婚生活は破綻した有馬稲子さんだったが、舞台の仕事は次々と舞い込み、翌年『風と共に去りぬ』(脚本演出:菊田一夫)のスカーレット・オハラを演じることになる。 有馬さんは文字通り、

1993年、映画『二十才の微熱』(橋口亮輔監督)で女優デビューし、映画『愛の新世界』(高橋伴明監督)での体当たりの演技で話題を集めた片岡礼子さん。 映画『KAMIKAZE TAXI』(原田眞人監督)、映画『鬼火』(望月六

ページトップへ
Twitter Facebook