1994年、17歳のときに主演映画『毎日が夏休み』(金子修介監督)で女優デビューし、日本アカデミー賞新人俳優賞をはじめ、多くの新人賞を受賞した佐伯日菜子さん。 伊丹十三監督、押井守監督、飯田譲治監督、塩田明彦監督など名だ

2010年、映画『RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語』(錦織良成監督)で俳優デビューを飾り、第34回日本アカデミー賞新人俳優賞と第35回報知映画賞新人賞、第86回キネマ旬報ベストテン新人男優賞を受賞し

ページトップへ
Twitter Facebook