華麗なる家庭で育ち、言いたいことを遠慮なく口にする石原良純長嶋一茂高嶋ちさ子が集結し、いま世間をザワつかせている社会現象についてトークを繰り広げる番組ザワつく!金曜日

©テレビ朝日

6月14日(金)の放送では、最近ますます巧妙になってきた「特殊詐欺」の話題をピックアップ。ジャーナリストの多田文明氏をスタジオに招き、「進化する最新詐欺」について考えていく。

スタジオには、ゲストとして教育評論家の“尾木ママ”こと尾木直樹、元横綱若乃花でタレントの花田虎上が登場。

尾木ママは、パソコンでスポーツ中継を見ようとした際に「ハッキングされた」という画面が表示され、まんまとダマされてしまったというエピソードを披露する。

◆ちさ子を追い詰めた「魚魚詐欺」の手口って?

©テレビ朝日

実は高嶋ちさ子も「詐欺まがいの出来事に遭遇したことがある」と若い頃のエピソードを語る。

30代前半、「やっと買った」という赤いベンツを運転していたら、赤坂あたりで突然“軽トラックのおっちゃん”に声をかけられたそう。

そのおじさんは、「娘に子供が生まれて気分がいいから魚を持って行っていい」とちさ子に大盤振る舞い。タダだと思って喜んでアレもコレもと手にしたちさ子だったが、なんと3万円を請求されたという。

「今、現金持っていないからいい」と断ろうとしたら、ちさ子の財布から1万円札がハラリと落ちてしまい、「残りは近くのATMで」と半ば強引に連れて行かれそうになったのだとか。

サバンナ高橋が命名した「赤坂魚魚詐欺」で大ピンチに陥った若かりし頃のちさ子。果たして、どうやって危機を回避したのか?

◆一茂、激怒で多田氏を詐欺師呼ばわり!

一茂も、「ゴールデンでの放送になったから、あまり言いたくないけど」と前置きしつつ、「エッチなサイトに入っちゃって」詐欺被害に遭いそうになった話をする。

そのサイトを見ているときに「間違って」動画再生のボタンをクリックしてしまい、年間40数万円の契約を結ぶことになり大慌て…。「破棄したい場合は電話を」と電話番号が書いてあったので「女房に見つかったら大変」と即座に電話をしたそうだ。

そこで契約破棄を申し出たものの、相手に「あなたの意志でクリックしていませんか?」と言われ、「そう言われると」と気持ちがグラグラ。それでも詐欺だとわかってきた一茂は、大風呂敷を広げるだけ広げ撃退に成功したという。

「俺はずっと嘘をついている。嘘をつくのに罪悪感はない!」と言い切る一茂が、詐欺撃退に使った嘘とは?

©テレビ朝日

そんな一茂に感心したジャーナリストの多田氏。思わず本音を口にしてしまい、一茂の怒りを買ってしまう。一茂が多田氏に向かって「お前、詐欺師だろ!」と怒鳴るほど怒らせてしまった多田氏の言葉とは?

※番組情報:『ザワつく!金曜日
2019年6月14日(金)よる8:57~9:54、テレビ朝日系24局

テレ朝POST
ページトップへ
Twitter Facebook