16歳のときにスカウトされて、デビュー作となった『時間ですよ』(TBS系)のお手伝いさんの“美代ちゃん役”に2万5000人のなかから抜てきされた浅田美代子さん。 昨年9月に亡くなった樹木希林さんとはデビュー以来、公私とも

マイナビニュースでテレビ部門を担当する中島優氏。後編では令和を迎えたテレビのあり方、方向性について聞いた。多い時は1日十数本のテレビ関連の記事を書く中島氏ならではの、テレビに毎日接するライターの感覚で語ってくれた。気負いもてらいもない、ただテレビを愛するひとりの男としての言葉が、奥行きがあり興味深い。途中に出てくるネットとの関係の話は、テレビ制作者にも大いに参考にしてもらえると思う。

ページトップへ
Twitter Facebook