大阪では人気芸人として定評のある、ダイアン津田篤宏かまいたち濱家隆一

東京進出を果たしたものの、以前『ロンドンハーツ』スペシャルで放送した「芸人リアルアンケート調査」では、東京の若手芸人たちから「憧れていない」「絡みづらい」などと酷評されてしまった。

津田と濱家は、なぜ東京にハマっていないのか? 4月23日(火)の『ロンドンハーツ』で緊急解明を行う。

©テレビ朝日

“リアルアンケート調査”の「うらやましい芸人」では1票も獲得できなかった濱家。本人も自覚しており、隠し撮りでは千鳥・ノブの「クセがすごい」のような流行り言葉が欲しいと切実な思いを打ち明けた。

濱家にも秘策があるらしく「言葉を二つ繋げて(今までに)ない言葉を作って流行らせたい」という思いがあるよう。それなら、とロンブー淳らは「今日のスタジオの雰囲気を二つ繋げた言葉で表現してみて」と濱家に無茶ぶりをする。濱家は必死の思いで“二つ繋げた今までにない言葉”で表現するが、その言葉とは?

©テレビ朝日

そんな濱家のお手本ともいうべきノブ(千鳥)は、2013年『ロンハー』に出演したことがきっかけでノブから“ノブ小池”に改名。1年間、その名前で頑張ってきた過去がある。

ロンブー淳は、「ノブ小池に変えてイジってください、とやったからね。どうですか?」と濱家にも改名をすすめる。「ちょっと待ってください」と焦りまくる濱家をよそに、FUJIWARA・藤本敏史らは改名させようと新しい名前候補を次々と出して大盛り上がり。相方のかまいたち・山内健司も「ノブさんのように(売れて)元に戻せるはず」と改名を後押しする。

とんでもない新芸名候補に濱家は「かまいたちの濱家やったのに、東京に来たら一文字もなくなった」と泣き顔になるが、淳は「この名前は相当くると思うよ。SNSのトレンドに入るぐらいに」と猛プッシュ。

はたして、濱家にはどんな芸名がふさわしいのか? そして、新たな名前で再出発となるのか?

◆フジモンも東京進出時は低迷?! 淳も驚きのリアル苦労話

©テレビ朝日

そんな濱家の“あがき”を見てきたFUJIWARA藤本が、自らの東京進出時の苦労をリアルに語る場面も。

当時は「俺も大阪で若手のトップでやらせてもらっていた」そうだが、ある東京のバラエティー番組に出演したときに「すごいスベりキャラ」になってしまったという。

以来、東京のどの番組に出ても「スベりキャラやねん、ウケへんねん」。それを知った大阪のファンから「悲しい、全然違う」と言われたそうだが、それでも「ちょっと名前が浸透したからええかな」と思いつつ、一方で「なんか違うな」と悩んでいたことを明かす。

そんな苦しい時期を藤本はどうやって克服したのか? ロンブー淳も思わず「へー」と感心、濱家もマジ顔で「わかりました」と納得したフジモンのリアル苦労話とは?

※番組情報:『ロンドンハーツ
2019年4月23日(火)よる11:20~深夜0:20、テレビ朝日系24局ネット(※一部地域は放送時間が異なります)

テレ朝POST

街の人に声をかけ、その家にお邪魔する「家、ついて行ってイイですか?(明け方)」。12月9日(月)の放送では、東京・経堂駅で出会った香衣さん(28歳)のお宅に伺いました。通常は、駅から家までのタクシー代をお支払いしますが、香衣さんのお宅へは駅から徒歩で帰れるとあり、今回はタクシー代ではなくコンビニ代をお支払いします。【配信終了:12月17日(火)】動画はこちら昭和歌謡バー、ラーメン店、ガソリンスタンドと3つのバイトを掛け持ちする香衣さんは「好きなことしかやっていない」と明るく語ります。香衣さんの好

ページトップへ
Twitter Facebook