大島渚監督の映画『愛のコリーダ』(1976年)に主演した影響は大きく、約2年間仕事のオファーがなく休業状態になってしまう。それでも、良い仕事をしたのだからキャリアが終わるとは思わなかったという。 そして1978年、大島渚

現在、どれだけのアイドルが日本に存在するのかを断定するのは難しいが、“売れているアイドル“と定義できる存在となると、その数はぐっと減る。 さらに近年の傾向として、HKT48からデビューした宮脇咲良(※現在はIZ*ONEに

ページトップへ
Twitter Facebook