4月11日(木)からスタートする天海祐希主演のドラマ『緊急取調室』。

本作は、天海祐希演じる取調官・真壁有希子が、可視化設備の整った特別取調室で取り調べを行う専門チーム「緊急事案対応取調班(通称・キントリ)」のメンバーとともに数々の凶悪犯と一進一退の心理戦を繰り広げる人気シリーズだ。

2年ぶりとなる今回の第3シーズン、はたしてどのような被疑者と事件が“キントリチーム”を待ち受けているのか。放送開始を前に、主人公・真壁有希子を演じる天海祐希に話を聞いた。

©テレビ朝日/テレ朝POST

――まずは、新シーズンを迎えた今の気持ちをお聞かせ下さい。

「私自身、同じドラマで3シーズン目に突入するのは今回が初めての経験なんです。楽しみ半分、また声をかけていただいたことへの責任と緊張を感じています」

――昨年亡くなられた中田善次郎役の大杉漣さんに代わり、今シーズンから塚地武雅さんがキントリメンバーに加わります。

「塚地さんとは共演させていただいたことがありますが、芸人さんはお芝居が本当に上手ですよね。そもそも“間”が良くないと人を笑わせられないご職業ですし。心配という言葉を使うのも失礼ですけど、何の心配も不安もありません。たぶん、撮影初日にもう何年も一緒に仕事をしているような雰囲気になるのではないでしょうか」

――では、座長として塚地さんに言いたいことはありますか?

「いえいえ、何もないです! こんな人間ですがよろしくお願いします、と(笑)」

◆取調室シーンで大事にしていること

――今回、放送期間中に平成から新しい元号「令和」の時代に変わりますが、この作品でも変化はありますか?

「“真壁有希子”という人は本質的には変わってはいけないと思いますが、一つの時代をまたいでいくと思うと、演じる身としては緊張しますね。私自身も三つの時代をまたぐわけですし、きっと忘れられない作品になると思います。

時代が変わっても悪い心や良い心は変わらずあるでしょうし、犯罪の内容がどんどん巧みになっていくなか、視聴者のみなさんには『緊急取調室』で描かれる心理戦を楽しんでいただきつつ、正義が勝った時にスカッとしていただけたらいいなと思います」

――このドラマにとって重要な“核”とも言える緊急取調室ですが、取調室でのシーンの撮影で天海さんが最も気をつけていることは何でしょう。

「私が一番大事だと思っているのは、取調室の中でご一緒させていただく役者さんとの生のやりとりをキチンと感じながら演じること、です。こうしよう、ああしようとあらかじめお芝居をガチガチにつくってしまうより、共演するその方とのやりとりを楽しみながら駆け引きをしていく。

台本上の駆け引きに、生で対峙した役者同士の駆け引きが加わりますから、それはすごく面白いですよね。こちらが仕掛けたことによって、相手の役者さんが受け止めて返してくださったり、今度はそれを自分が外してかわしたり…」

――それはまさに、その瞬間にしか生まれないお芝居とも言えるわけですね。

「そうですね。監督もまずそこは長回しで大事に撮ってくださいますし、私たちもピリピリとした緊張感を毎回持ちながら臨んでいます」

©テレビ朝日/テレ朝POST

――ところで話は変わりますが、天海さんが個人的に取り調べてみたい人は誰ですか?

「(本作の)三輪祐見子プロデューサーかな(笑)。それから脚本の井上由美子さん。頭の中で何を考えているのか、どうやって思考を整理しているのか、どこから発想が出てくるのかを徹底的に調べたいですね。その時はうちのキントリチーム全員、取調室に入ると思いますよ。小日向(文世)さんは『何でオレだけセリフが多いんだ!』とか『難しい漢字を使ってくれるな!』と言って詰め寄ると思います(笑)」

――もし、有希子に天海さんが取り調べられたら、どうなると思いますか。

「私自身は隠さなければいけないようなことはないので、まず何を取り調べたいのか逆に聞きたいかもしれないですね。でも、事件とかまったく関係なく、1人の人間として興味はあるので、戦ってみたいとは思います。もしかしたら私が『うわっ!こんなに簡単にオトされるんだ!』みたいな展開になるかもしれないし、有希子が『あれ?意外と簡単にダマされてる?』となるかもしれない」

©テレビ朝日/テレ朝POST

――天海さんにとって、連続ドラマの撮影という長丁場を乗り切るために必要なものは何でしょう。

「一番大事なのは、やはり体調です。極めてシンプルですが、心身ともに整え、そして明るく元気でいることですね。この作品でご一緒させていただいている役者さんたちは、それこそいろいろな作品で活躍されていて、たくさんの現場をご存知でいらっしゃるわけじゃないですか。そんな方たちと同じ時間、同じ場所を共有させていただけるだけでもありがたいですし、ゲストとして出演される役者のみなさんに対しても同じ気持ちです」

――常に感謝の気持ちを持ち続ける、ということですね。

「基本的にはもちろん感謝の気持ちであふれていますが、時々『ちょっと見て!この(セリフの)分量!分量!』って騒いでます(笑)。まぁ、そう言いながら自分の中では楽しんでるんですけどね。

げん担ぎとかは特にないですけれど、1日1回は必ず湯船に浸かるようにしてますし、納豆とか漬物とか発酵食品が大好きなので欠かさず摂っています。

『何かやってやろう』と力んでしまうと、非常に面倒くさいじゃないですか。毎日無理をしないことが一番だと思います。役者として年齢を重ねることで変化も当然ありますが、それをどうやって負担が少なく乗り越え、底上げしていくかが課題になっていく。これから先、より自分自身と向かい合うことが増えていくと思います」

<取材・文/中村裕一、撮影/長谷英史>

※番組情報:木曜ドラマ『緊急取調室
2019年4月11日(木)スタート!【毎週木曜】午後9:00~午後9:54放送(※初回は午後9:00~午後10:09放送<15分拡大>)、テレビ朝日系24局

テレ朝POST
ページトップへ
Twitter Facebook