1971年、経営難に陥っていた日活が社運をかけて製作した日活ロマンポルノ第1弾『団地妻 昼下りの情事』は連日立ち見が出るほどの大ヒットを記録。主演女優の白川さんの記事が連日のように男性週刊誌やスポーツ紙を飾るようになり、

『リング』に登場する貞子は、紛れもなくジャパニーズ・ホラーを代表するキャラクターの一人だ。20年以上も前から続くこのシリーズ最新作のタイトルは、満を持して(無印の)『貞子』と発表された。主演を務める池田エライザは、本作に対してどのような姿勢で臨んだのか。そして、聡明な知性でこの物語をどう解釈したのだろう。自らを「過集中」とまで語る集中力と、「愛するということ」を彼女の中でどう定義しているかについても伺った。ないがしろにしたくない、疎かにしたくない。この気持ちが私の原動力です。――主演されている『

ページトップへ
Twitter Facebook