映画『仁義なき戦い』(1973年・深作欣二監督)の愚連隊・上田透役で鮮烈な印象を残し、テレビ時代劇『水戸黄門』(TBS系)では3代目格さんとして17年間悪者を成敗。「この紋所が目に入らぬか!」の決めゼリフを言ったのは50

『リング』に登場する貞子は、紛れもなくジャパニーズ・ホラーを代表するキャラクターの一人だ。20年以上も前から続くこのシリーズ最新作のタイトルは、満を持して(無印の)『貞子』と発表された。主演を務める池田エライザは、本作に対してどのような姿勢で臨んだのか。そして、聡明な知性でこの物語をどう解釈したのだろう。自らを「過集中」とまで語る集中力と、「愛するということ」を彼女の中でどう定義しているかについても伺った。ないがしろにしたくない、疎かにしたくない。この気持ちが私の原動力です。――主演されている『

ページトップへ
Twitter Facebook