映画『仁義なき戦い』(1973年・深作欣二監督)の愚連隊・上田透役で鮮烈な印象を残し、テレビ時代劇『水戸黄門』(TBS系)では3代目格さんとして17年間悪者を成敗。「この紋所が目に入らぬか!」の決めゼリフを言ったのは50

1964年1月、エリート営業マンから植木等さんの付き人兼運転手として新たな生活を始めた小政政夫さん。 当時は“ハナ肇とクレージーキャッツ”の全盛時代、なかでも大人気の植木等さんはテレビ、映画、舞台に引っ張りだこの状態で、

ページトップへ
Twitter Facebook