2月11日(月)に放送される『徹子の部屋』に、定年退職の悲哀を描いた映画『終わった人』で主役を熱演した舘ひろしと、その原作を手掛けた内館牧子が登場する。

©テレビ朝日

1976年に映画俳優となった舘が初の栄冠に輝いたのは、昨年のモントリオール世界映画祭最優秀男優賞だった。

そんな舘が石原プロに入社したのは、36年前のこと。番組では、石原裕次郎・渡哲也とともに会見に臨んだ舘の貴重映像を公開。ダンディーな今のイメージとかけ離れた当時の姿とは?

©テレビ朝日

また、内館は2年前、お花見の最中に転倒して右足の指を5本と甲の骨を骨折する大ケガを負った。

療養生活を余儀なくされて執筆に励んだのが、女性の“老い”を描いたベストセラー『すぐ死ぬんだから』。老いに対する内館の提言は実に刺激的で…。

※番組情報:徹子の部屋
2019年2月11日(月)正午~午後0:30、テレビ朝日系24局

テレ朝POST

8月4日(火)夜6時55分からは「ありえへん∞世界 衝撃映像&〇〇人の生態調査&激辛女子 2時間SP」を放送!【世界のありえへん衝撃映像】▽痛すぎる悲劇2連発!▽転倒したバイクに襲いかかった悪夢▽クオリティー高過ぎ! 逆に喜ばれてしまう落書き▽激カワな動物映像5連発!【海外の美容整形番組】▽「呪われ顔」と罵られ、人生のどん底に落とされた女性が美容整形手術で超絶美女に大変身!【事件です!〇〇人の生態調査】▽神奈川県川崎人はありえへん焼肉の食べ方をしている事件!▽埼玉県和光人は埼玉県に住んでいるのに

ページトップへ
Twitter Facebook