1992年からテレビアニメがスタートしたクレヨンしんちゃん

28年にわたりファンを増やし続け、毎年公開される「映画クレヨンしんちゃん」シリーズは、ゴールデンウィークに欠かせない人気作に成長した。

そして2019年、テレビ朝日が開局60周年を迎える記念の年に、同アニメの人気キャラクター・シロを主人公に新たな作品が誕生する。

©臼井儀人/SUPER SHIRO製作委員会

総監督に、第41回日本アカデミー賞最優秀アニメーション作品賞を受賞した『夜は短し歩けよ乙女』(17年)、アヌシー国際アニメーション映画祭クリスタル賞を受賞した『夜明け告げるルーのうた』(17年)、全世界一斉配信で話題となった『DEVILMAN crybaby』(18年)と国内外で高い評価を受け、2019年は最新作『きみと、波にのれたら』(6月21日公開)も控えるいま注目の湯浅政明を迎え、世界展開を目指したアニメーションを制作することが決定。

湯浅総監督は、初期から『クレヨンしんちゃん』のTV&映画シリーズに携わり、作品を支えてきたスタッフのひとり。今回、『映画クレヨンしんちゃん オラの引越し物語~サボテン大襲撃~』以来4年ぶりの『クレヨンしんちゃん』参加で、新たな世界を描く。

※野原しんのすけ(5才)コメント
「オラ、なんにもきいてないゾ~」

<イントロダクション>
ごく普通の野原一家に極々普通に飼われているこの犬は、その名も極々極普通にシロ。どこにでもいる極々極々普通の犬。ただひとつ普通じゃないこと、それは…世界を守るスーパーヒーローなのである!

作品タイトル:『SUPER SHIRO
2019年 世界へ!!

テレ朝POST

4歳のときにスカウトされ、6歳で『やっぱりさんま大先生』(フジテレビ系)のレギュラーとなり、人気子役として注目を集めた落合モトキさん。以降、『ドラマW 4TEEN』(WOWOW)、映画『桐島、部活やめるってよ』(2012

ページトップへ
Twitter Facebook