1989(平成元)年4月1日にスタートした渡辺篤史の建もの探訪が2月2日(土)に放送1500回を突破し、4月には30周年を迎える。

©テレビ朝日/1989年放送『渡辺篤史の建もの探訪』より

今まで探訪したお宅は1500軒以上、取材した家族はのべ6000人超となる同番組。毎回、リハーサルや下見は一切せず、その住宅の魅力を見たまま、感じたままに伝え続けてきた俳優・渡辺篤史が、番組への思いを語った。

◆13回で終了予定だったはずが…長寿番組に

©テレビ朝日/1999年放送『渡辺篤史の建もの探訪』より

1989年春、『渡辺篤史の建もの探訪』は沖縄を皮切りに桜前線とともに北上しつつ、日本全国の名建築を訪ねる旅番組として登場。

記念すべき第1回目は、沖縄・那覇の城西小学校(※京都駅を設計した原広司氏デザイン)を取り上げた。

番組は3カ月間、計13回で終了する予定だったが、いつしか評判を呼び、気づけば日本有数の長寿番組に。取材対象も公共建築から徐々に住宅へとシフトし、今日では住宅専門番組となったのだが、そこには渡辺本人の“個人住宅好き”が大きく関わっていた。

「沖縄からはじまったロケが熊本あたりまで来たところで、僕は飛行機で取材に通うことに疲れてきて…(笑)。それでプロデューサーに(近郊でロケができるし自分がいちばん興味を持っている)個人住宅の取材にしましょうよ、と提案したんです」と渡辺。

放送記録を振り返ると、開始5回目にして早くも個人宅が登場。終了予定の13回を超えて1年が経過した頃には、番組で取り上げる家のほとんどが個人住宅になった。

◆建築専門誌ではありえない取材スタイルが人気

©テレビ朝日/2019年放送『渡辺篤史の建もの探訪』より

番組が人気の秘密は、30年間一貫して変わらない渡辺篤史の取材スタイルにある。

台本、現場下見、打ち合わせは一切ナシで、番組冒頭の家族との挨拶シーンがまさにその家との初対面。渡辺の新鮮な驚きこそが、“探訪”の神髄だ。

さらに、建築雑誌では絶対に見ることができない、“家中の扉”を開けまくるところが大好評。渡辺は、トイレや風呂はもちろん、キッチンの収納までも遠慮なくオープン。

番組プロデューサーの山澤達義氏は、「当初、建築家にはそういう取材はやめてくれ、と拒否されたんです。ところが、箸も食器もきちんと収まるように設計しているところを紹介すると、視聴者は“建築家はこんなことまでやってくれるんだ!”とビックリ。そうやって渡辺さんは、建築家に対する印象のハードルを下げてくれたんです」と、その取材方法が、昨今の建築ブームを作り上げたと分析する。

また、窓を褒め、椅子を褒め、手すりを褒め…渡辺が毎回、住宅のあちこちを「いいですね~!」と褒め倒す、その温かいリポートはネット上でも度々話題になり、いまや“褒め芸”と称賛されるまでに…!

渡辺が住まいを褒めまくる背景には、「僕は日本の住宅がもっともっとよくなればいいと思ってこの番組をやっています。施主に選ばれた設計家が一生懸命考えて建てた家なのだから、僕はうまく仕上がっている部分を褒めて、それが放送されて評判になればいい。そうすることでその建築家を育て、ひいては住宅事情がよくなっていけばいいと思っています」という、熱い思いがあった。

◆“平成の家作り“を見つめ続け…渡辺篤史が思うこと

©テレビ朝日/2009年放送『渡辺篤史の建もの探訪』より

平成の30年間、“狭小住宅”や“屋上庭園”、“省エネスタイル”“スキップフロア”“アイランドキッチン”など、新しい建築様式が続々と登場し、番組も多様なライフスタイルを紹介してきた。

さらに、ここ数年は世代交代&建て替え周期に入った家が増え、土地が細分化されたことによって、若い家族が都心の狭く不規則な形の土地に建てた家を紹介する機会が多くなっている。そして渡辺いわく、そんな家には「現代の建築家のセンスが光っている」そう。

「この30年間で家が使いやすくなりました。長屋から団地への間取りの変化=食寝分離がエポックメイキングな出来事だったことを考えたら、今の進歩はすごい。変形した土地にも創意工夫次第で居心地のいい空間を作ることができる。そういう建築家の感性や工夫の数々をあげたらきりがないですね」と称賛した。

◆巨匠から若手まで約1000人の建築家による住宅を取材

©テレビ朝日/2019年放送『渡辺篤史の建もの探訪』より

番組で紹介した建築家は、およそ1000人。著名な建築家による家も多数、取り上げた。世界的建築家の安藤忠雄氏、隈研吾氏。若手実力派の谷尻誠氏、藤本壮介氏。そして、大塚泰子氏をはじめとする、多くの女性建築家の住宅も紹介された。

その一方で、若手建築家にとって『建もの探訪』は自分の作品をアピールできる晴れ舞台となった。毎週30分間、巨匠の作も新鋭の作も同じボリュームで紹介されるのは、若い建築家にはとても刺激的なこと。

また30年の歴史を持つ番組ならではのこんな出会いも…。

「『建もの探訪』を見てくれていた子どもが番組の影響で建築家を目指し、やがて成長して夢をかなえた彼が設計した家を取材に行ったことがあります。彼はロケ現場の隅のほうに立って感激、緊張していた…。この番組が育てた青年たちとのこうした出会いは、涙が出るほどうれしいです」

この30年、番組では家を建てたい人、暮らし方やデザインを楽しみたい人が抱く理想や憧れを紹介してきた。

家を見れば、家族の生き方がわかる――。平成とともに歩んできた『渡辺篤史の建もの探訪』は、平成が終わりまもなく幕を開ける、新たな時代の家も探訪し続けていく。

※番組情報:『渡辺篤史の建もの探訪
<テレビ朝日>
毎週土曜 朝4時30分~4時55分(関東ローカル)
<BS朝日>
毎週日曜 朝8時30分~8時55分

テレ朝POST
ページトップへ
Twitter Facebook