白濱亜嵐EXILEGENERATIONS from EXILE TRIBE)が主演を務める土曜ドラマ『泣くな研修医』(テレビ朝日系、毎週土曜23:00~)の第8話が、6月12日に放送。インターネット上では、あるゲストが登場し大盛り上がりとなった(以下、ネタバレが含まれます)。

鬱陶しいほどの熱い情熱をもって、一人前の医師になることを目指す雨野隆治(白濱)が、現実に打ちのめされ、葛藤し、幾度となく涙を流しながら、それでも“医師”という職業への強い思いと熱意を失わず、同僚の研修医たちとともに成長していく姿を描く青春群像劇。

コピーライターの北村あすか(トリンドル玲奈)が腹痛で病院へ。中園くるみ(恒松祐里)が診察を担当し、エコーをすることになった。そこでくるみは、隆治、川村蒼(野村周平)、滝谷すばる(柄本時生)に練習台になってほしいと依頼。「見逃したらどうしよう」と言いながら、練習に取り組む。基本に忠実な彼女に、隆治たちも「うまいなあ」と感心した。

それぞれ練習台になっていくが、患者役となったくるみに拒否された隆治。しかたなく、彼女がセルフでお腹に当て、自分はモニターでチェックすることに。すると、違和感を発見。しかし「異常なし」と伝えてしまう。

後日、廊下を歩くくるみのもとへ隆治から「忙しそうだけど、あんま無理すんなよ!」とメッセージが。「珍しっ」と言いながらも喜びを隠せない。何気なく目線を向けると、隆治が立っていたため、声をかけようとするも、彼の目の前に女性が。隆治が合コンで知り合ったはるか(芋生悠)がお弁当を持ってきたのだ。

後輩たちから「彼女さんからの手作り弁当すごーい」「ラブラブですね」と囃し立てられる隆治。「まだ友だち」と慌てて否定しているが、遠目から見ていたくるみは複雑な気持ちになった。

その後も、エコーの件がひっかかる隆治は、くるみに「大丈夫? 体調どう? なんかあったら言ってね」と声をかける。しかし彼女から「じゃあ……邪魔しないで」と冷たくあしらわれてしまう。

隆治は、放射線科の藤堂浩司(山口智充)に、くるみのエコー結果を“患者のもの”と偽り、密かに見てもらうことに。東堂から「子宮頸がんの可能性もあるな。これだけやったら何とも言われへんけど」と言われ、不安に……。すると、最悪の事態が。くるみが倒れてしまったのだ。隆治はエコー練習のときに告げられなかったことを後悔する。

本編では、GENERATIONSで、白濱と活動を共にする片寄涼太がゲスト出演。隆治とはるかとのシーンで、子供を抱えて目の前を通り過ぎる場面があった。ネット上では「パパしてたの可愛すぎるんだけど」「女の子羨ましい」「片寄パパかっこいい」「イケメンすぎる」との声があった。

次回は6月19日に放送。第二外科主宰のバーベキュー&キャンプ大会が開催される。

民放各局が制作した番組を中心に、常時約350コンテンツをすべて無料で配信している民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」では、7月19日(月)から8月29日(日)に「TVerフェス!SUMMER2021」を開催する。

ページトップへ
Twitter Facebook