佐藤健が、6月6日に放送された『テレビ千鳥』(テレビ朝日系、毎週日曜22:25~)に出演。千鳥大悟ノブ)と「ガマンペヤング!!」を実施する中で、ザブングル加藤(加藤歩)とゲームを行うなど極限までガマンを重ね、最高のペヤングにありつけた。

この日のために食事を抜いてきたという佐藤に、大悟は“チラ見せペヤング”、腹筋をしながら起き上がった瞬間にだけ見られる“ペヤング映像”、“屋上ランニング”、空の容器で想像力を高める“エアペヤング”と順にメニューを課す。佐藤も「これは高まってきた~!」とペヤングを食べたい気持ちはMAXに。いよいよ調理をしようという段階でペヤングを持ってきたのは加藤で、すかさずノブが「いやいやいや、おかしい。解散先輩! 解散したて先輩」とイジる。

「ペヤングのフォルムに一番似てる芸人探した」と言う大悟は、「ちょっとやろうか、ペヤングか? 加藤か?」と番組お馴染みの「ネコか? ノブか? ゲーム」を提案。壁から覗くのはペヤングか、加藤かを佐藤が当てるゲームを実施し、加藤が変顔を連発し大いに盛り上がる。

そして遂にお湯を注ぐ工程へ。佐藤は湯切りまで「2分35秒くらい」がベストだと言い、その間に上映中の映画『るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning』の告知をするよう大悟からうながされると「できねぇ!」と叫びながらも無事告知完了。その間にも、隣にいる大悟は湯切りをはじめる。

そして佐藤も湯切りをし、ソース、ふりかけをかけると、まずはキャベツひとかけらだけ食べても良いと大悟が指示。佐藤が目を見開きながら「おいしい!」とコメントする隣で、ガマンしきれずノブはフライングで一気食いをはじめる。大悟が「もったいなコイツ」と言えば、佐藤は「犯罪を犯すタイプだ、ガマンできなくて」とツッコミを入れる。食事を抜いてから24時間、ロケ開始から2時間経ち、やっと口にしたペヤングに、佐藤は感無量。

すると大悟が「ちょっと持ってきて」と言うと、生ビールが登場。一口飲み「これのがうまい!」と大悟がもらせば、佐藤も「これこれ!」とジョッキ片手にご満悦。ノブは「ガマンビールや」と企画が変わっていることを指摘。続けてペヤングを頬張る佐藤は「3口目うまい!」と至福の瞬間を迎えた。

ネット上では、「人生最高にペヤング食いてえ 笑笑」「ペヤング食べたくて仕方ないwww」「ペヤングがトレンド入り」「ペヤングか加藤かゲームめちゃ爆笑したwww」など反響が上がった。

次回は6月13日に放送。女性アイドル・秋元真夏乃木坂46)を意識せず、いかにかっこよく挨拶を決められるかを競う「楽屋あいさつ男前選手権」に、原西孝幸FUJIWARA)、又吉直樹ピース)、小杉竜一ブラックマヨネーズ)が挑戦する。

民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」の特集の1つ「人気番組対抗!自由研究グランプリ」に、『川島・山内のマンガ沼』(読売テレビ系、毎週土曜25:28〜)が参加。「楽しく作ろう!マンガ飯SP」と銘打ち、MCの川島明(麒麟)と山内健司(かまいたち)が、マンガに登場する料理を実際にそのまま作って食べる企画にチャレンジしている。

ページトップへ
Twitter Facebook