小芝風花が主演を務めるドラマ『モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~』(テレビ朝日系、毎週土曜23:00~)の最終話となる第10話が、4月3日に放送。小芝演じる萌子美や家族の選択に、インターネット上では様々な反響が寄せられた(以下、ネタバレが含まれます)。

ぬいぐるみ、石、植物など、感情を持たないとされる物たちの気持ちがわかる能力を持ち、周囲にうまく心を開けない主人公・清水萌子美が、いろいろな経験を重ねて成長していくヒューマンドラマ。『救命病棟24時』『僕の生きる道』『フリーター、家を買う』(フジテレビ系)など数々のヒットを手掛けてきた橋部敦子が脚本を担当。小芝とは今作が初のタッグとなる。

萌子美は、木々たちに導かれて、ぬいぐるみのトミーを神社で発見。職場にも復帰し、以前にも増して積極的になった萌子美は、岸田佑矢(加藤清史郎)から実家に戻って劇団を立ち上げるという夢を聞かされる。そして、自身も家族の前で「私、やってみたいことがある」と告白。木々に助けられたことをきっかけに、樹木医を目指すことを宣言する。

しかし、経験を積むために家を出たいという萌子美に賛成することができない千華子(富田靖子)。そんな母の様子を見て、萌子美は「お母さん、結局なにも変わってない」と責めてしまう。一方、兄の俊祐(工藤阿須加)も「一回くらいやりたいことやってみたい」と、佑矢の立ち上げた劇団に入ることを決意。納得できれば、涼音(水沢エレナ)の待つ店に戻ってくると言い、家を出る間際、千華子に「いい加減人のせいにするのやめたら」と告げる。

千華子は、そんな子供たちからの言葉を受け、すでに山梨で田舎暮らしを始めている夫の伸寛(田辺誠一)とリモートで話しながら、「何がしたくてこんなにこじらせているのか分からなくなっちゃった」とポツリ。そして、父の須田観(橋爪功)が家にやって来た理由を聞き、「私、免許取ったら伸寛のところに行く。一緒に来れば?」と誘う。

その頃、萌子美は役目を終えたトミーに別れを告げ、家を出る準備を進めていた。家を出る日、観のタクシーに乗って遠ざかる萌子美に、いつまでも手を振る千華子。その姿に、萌子美はタクシーを停めてもらい、千華子に駆け寄って、今の気持ちを吐露。「私、今は生まれてきてよかったって本当に思ってるから」と感謝の気持ちを伝えるのだった。

母とのわだかまりが解け、萌子美の家族や周囲の人々が自分の道を歩み始めた最終話に、ネット上では感動の声が続出。「それぞれが自然体に、互いを尊重して生きることは、いま一番必要なカタチなんだろな」「やりたいことみつけてその道に進んでいくのはすごい。 とても温かいドラマでした!」「お母さんの気持ちもわかるし色々な気持ちが入っちゃって想像以上に泣いちゃったよ」「透明感があって素朴さもある小芝風花だからこそのハマり役だったなぁ。演技力があるから思わず引き込まれてしまった」などのコメントが寄せられた。

川口春奈演じる真柴くるみと、横浜流星演じる藤野駿がシェアハウスで暮らすというドキドキの展開に“うちキュン”する一方で、回を追うごとに人として輝いていく真柴の姿にも心ときめく『着飾る恋には理由があって』(TBS系、毎週火曜22:00~)。今回は、Instagramのフォロワー数19万人を誇るインフルエンサーでアパレル業界に携わる金山大成さんにお話を伺いつつ、真柴と『着飾る恋』の魅力を紐解いていきたい。

ページトップへ
Twitter Facebook