3月30日の『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系、毎週火曜23:15~)は、「M-1終わって3ヵ月ファイナリスト中間報告」と題して放送。インターネット上では、ニューヨーク嶋佐和也屋敷裕政)のイジられぶりに「めちゃくちゃにされてんのおもしろすぎた!」「ロンハーでのニューヨークのポジションが決まっちゃったな」などの反響が寄せられた。

冒頭、MCの田村淳ロンドンブーツ1号2号)は、昨年の同企画に続きニューヨークが2回目の出演だと紹介。それに対し屋敷は「去年、本当にいろんな仕事をした中で、一番何もできひんかった仕事だったんですよ。普段、有吉さんとかザキヤマさんとか優しいのにロンハーの時だけ不良みたいな顔になるんですよ」とご意見番の有吉弘行山崎弘也アンタッチャブル)に抗議。淳から「スポーツテストで結果残してたじゃん」と嶋佐の正拳突きが話題になると、有吉、山崎も乗っかり正拳突きを披露してもらうことに。その流れで屋敷も空手の蹴りを披露し、2人はスタジオ外へと追いかけっこをして出て行ってしまう。

トークテーマ「『M-1グランプリ』前後の約1ヵ月の仕事量の変化」では、ニューヨークだけが21本から14本に減少。それでも『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)のロケのMCに抜擢されたり、『アッコにおまかせ!』(TBS系)の準レギュラーになったりと、仕事には変化があったという。それに対し有吉が、「嶋佐がポスト勝俣。屋敷が出川さんか?」とそれぞれにポスト勝俣州和出川哲朗の称号を与える一幕も。

また、「仕事やプライベートの変化」では、女性からモテたいといった回答をした2人に、有吉が「だから『アッコにおまかせ!』にお手伝いで来ているホリプロの若い女の子たちからキャーって言われたいのね?」と具体例を上げると、淳が「軸足を置きますって宣言しておかないと」と助言。ニューヨークは出演はありがたいとしながらも「軸足は嫌です」と断固拒否すると、淳、有吉、山崎から「軸足宣言してよ」「軸足宣言だけ頼むよ」などとイジられ困惑する2人だった。

ネット上では、ニューヨークのイジられぶりが話題に。「正拳突きと蹴りの追いかけっこはしっかり乗るけどアッコに軸足宣言はちゃんと拒むニューヨーク良かった!」「ニューヨークめっっっちゃロンハーで爪痕残してた」「ロンハー開始早々ニューヨークどっか行って草」「正拳突きと蹴りって何の中間報告よwww ロンハーでニューヨークさんめちゃくちゃにされてんのおもしろすぎた!」「よい意味でニューヨークがいちばん得してた感じ」「ニューヨークいじりが面白すぎますww」「ロンハーのニューヨークの扱いwww」「ニューヨークのイジられ方カオスwww」「ロンハーでのニューヨークのポジションが決まっちゃったな」などのコメントが上がった。

次回4月6日は「M-1終わって3ヵ月ファイナリスト中間報告~後半戦~」が放送される。

6月11日(金)放送の『マツコ&有吉 かりそめ天国』では、「生まれてからずっと住んでるけど新潟の魅力がわかりません…」という投稿をテーマに熱い議論が繰り広げられた。 めったに旅行には行かないというマツコだが、先日珍しく旅

ページトップへ
Twitter Facebook