高畑充希主演の『にじいろカルテ』(テレビ朝日系、毎週木曜21:00〜)の第7話が、3月4日に放送。インターネット上では、結婚式を挙げた橙田雪乃(安達祐実)の姿に多くの反応があった(以下、ネタバレが含まれます)。

東京の大病院から虹ノ村診療所で働くことになった多発性筋炎を抱える内科医・紅野真空(高畑)が、ひょんなことから“オレ様外科医”浅黄朔先生(井浦新)といじられキャラの看護師・蒼山太陽(北村匠海)とシェアハウスすることに。普通の医療ドラマとは一線を画す、ちょっとダメで人間臭い医者たちが、個性豊かな村人たちとともに困難に立ち向かう物語。

雪乃(安達祐実)、真空(高畑充希)
雪乃(安達祐実)、真空(高畑充希)

まだら認知症の雪乃が年齢を答えられなくなった。夫の晴信(眞島秀和)のノートによれば、記憶がなくなるまで約10日。顔を曇らせつつも笑顔でいる彼女に、真空は「一緒に行きたいなって」と往診に誘った。

桃井佐和子(水野久美)の自宅で、昔の婚礼写真を見つけた雪乃。以前村では、虹ノ風穴という場所で婚礼をするのが通例だったという。隣町に結婚式場ができてからは行われなくなったが、写真を見た雪乃は「素敵」とつぶやく。

彼女の機微を見逃さなかった真空は、村の集まりの中で「雪乃さん結婚式したいんじゃない?」と問いかけた。雪乃はもちろん、最初は戸惑っていた晴信も決心。結婚式を行えると村中は大盛り上がりになるが、特に虹ノ風穴を管理してきたじじーずの白倉博(モト冬樹)は張り切る。

村の男たちを集めた博は、結婚式まで交代でご神体の世話をしていくと説明。そんな中、担当になった筑紫次郎(半海一晃)が一人で掃除をしていると、祀られていた手のひらサイズの石を池に落としてしまう。そこで、似た石にこっそり代替。なんと、交代でご神体の世話をした緑川日出夫(泉谷しげる)も、霧ケ谷桂(光石研)も、祀っていた石を落としてしまっており、こちらも他の石に交換していた。もちろん、石の形は変わっていくのだが、誰も気づかない。

また、山のお堂で神様に仕ってもらうため、村の男たちで晴信を閉じ込めることに。太陽は「大丈夫これ?」と戸惑うが、すんなり受け入れた朔は「いけにえじゃー!」と叫んだ。真空に連れられ、隔離された晴信に会いにいった雪乃は「君に愛されてとても幸せだよ。愛してくれてありがとう」とつぶやくと、彼も「何度も素敵な出会いをさせてもらって、最高に幸せです」と返し、愛を確かめ合った。

朔(井浦新)、太陽(北村匠海)、晴信(眞島秀和)
朔(井浦新)、太陽(北村匠海)、晴信(眞島秀和)

結婚式を翌日に控えた食堂では「ノマド!」「アデシ!」「テラサ!」と裸になった村の男たちが粉まみれになって雄叫びをあげていく。そして当日。記憶がなくなってしまった雪乃は、結婚式の衣装を着たものの「これ、なんですか?」と号泣。真空や嵐(水野美紀)たちは「私たちの友達なの」と声をかけて……。

じつは、そろそろ記憶がなくなると気づいていた雪乃は、自分に宛てて動画を撮影していた。そこには「大丈夫だよ。みんな味方だよ」と声をかける雪乃の姿があった。

ネット上では、男たちが粉まみれになって叫ぶ姿や婚礼の準備について「奇祭過ぎるw」「みんな軽率に石落としすぎなのはわろたww」との声が。

また、雪乃が記憶をなくしていく様子や、衣装を身にまとった彼女の姿に「安達祐実さんってやっぱ素敵な女優さんだな~泣くシーンが半端ないわ」「安達祐実の演技に泣けた。眞島秀和との夫婦の苦悩が痛いほど伝わって来て、切なくなった」「安達祐実の演技に震えた」「結婚式の衣装がめっちゃキレイだった。紅天女」とのコメントもあった。

次回第8話は3月11日に放送。太陽は、朔と真空の秘密を見て診療所を飛び出してしまう。

中村倫也が主演を務める『珈琲いかがでしょう』(テレビ東京系、毎週月曜23:06~)の第2話が、4月12日に放送された。インターネット上では、中村演じる青山一が少女を助け出すシーンと青山を追う男(磯村勇斗)が話題となっていた。

ページトップへ
Twitter Facebook