“激レア”な体験を実際にした「激レアさん」をスタジオに集め、その体験談を紐解いていく番組『激レアさんを連れてきた。』(テレビ朝日系、毎週月曜23:15~)。1月11日の放送では生田斗真SHELLYを客員研究員(ゲスト)に迎え、手品の道具も手に入らない超山奥で育ちながら、わずか18歳で世界を制した天才マジシャン、ハラさんが紹介された。

同番組は、あまりにも珍しい“激レア”な体験を実際にした「激レアさん」をスタジオに集め、その体験談を紐解いていくトークバラエティ。

MCの若林正恭オードリー)は、ハラさんとはすでに『オードリーさん、ぜひ会ってほしい人がいるんです。』(日本テレビ系、毎週木曜25:29~/中京テレビ、毎週月曜24:59~)で共演済。一方今回初登場の生田に「どんな激レアさんだと思いますか?」と弘中綾香アナウンサー。突然の質問に生田は「え、全然想像つかない……」と戸惑っていると「なんかちょっとひねり出してください」と食い下がる弘中。これには生田も「初めて来てんだよ、こっちは!」とキレキャラで反撃し、スタジオはそのキレ芸に大爆笑した。

近くにコンビニもネットもないという“超田舎”で生まれ育ったハラさんは5歳の時に旅行先の東京でピエロのマジックショーを見て「マジシャンになる!」と決心。しかしプロのマジシャンになるためには必要不可欠とされる“先生”も“マジックショップ”もない現実。その不便さを逆手に取り世界を制することができたのだという。

ハラさんの経歴を説明した弘中が「『自分が成功してないのは環境のせいにしちゃだめだ!』と強く思うと思います!」と研究員に力説をすると若林は「俺はいいけど生田さんはさぁ~」と苦笑い。あせる弘中に対し、再び生田が「『あいつまだまだだなって』そう思ってるんですよね?」と目をむき、「テレ朝のドラマだって出るんだぞ!」とすごんで弘中をタジタジにさせていた。

そんな努力家のハラさんは、マジックで大切な事は技術だけを見せる事ではなく、楽しませるパフォーマンスなのだと気が付き、今では自分の思い出や村、自身のルーツを表現する世界のイリュージョニストとして活躍している。

インターネット上では「生田のキレ芸笑笑」「激レアさんが何者か分からないと答える斗真さんに、早速弘中アナが『ひねりだしてください』って強気に出てるw弘中アナ最高です!!」「何故か弘中アナvs斗真さんの構図ができてる!」

次回は1月18日に放送。ミュージシャンの秦基博に人生を何度も救われたという幼馴染さんが登場する。

超特大明太うどんVS大久保嘉人&コージ参戦マウンテン天津飯に遠藤保仁&偽ロナウド爆辛パスタVS女優趣里&M1準優勝小田&2.5次元・和田雅成…ワタリ大ピンチ○みどころ▼チャレンジグルメSP(1)3.5kg超!超ドカ盛り濃厚明太クリームうどんにサッカー界のレジェ

ページトップへ
Twitter Facebook