大野智が主演を務めたドラマ『死神くん』(テレビ朝日系)の第1話と第2話が、「もう一度見たい」という視聴者からの要望に応えるかたちで11月1日に再放送。また、民放公式テレビポータル「TVer」で無料見逃し配信されており、反響を集めている。

2014年4月期にテレビ朝日の金曜ナイトドラマ枠で放送された本作は、えんどコイチの漫画が原作。大野演じる「おめでとうございます。お迎えに上がりました」というセリフとともに、死亡予定者の前に現れる新人の死神No.413や、死神No.413の監視役である監死官(桐谷美玲)、死神たちの競合相手である悪魔(菅田将暉)、死神くんと監死官の上司・主任(松重豊)といった個性豊かなキャラクターたちが登場。

毎回コミカルかつシリアスに「生きることは尊い」というメッセージを伝え、ちょっぴり笑えてホロリと泣けるブラックファンタジーに、多くの視聴者が共感。死神でありながらも優しい心をもった死神No.413のキャラクターは、まさに大野のイメージにぴったり、と人気を博し、「ギャラクシー賞・マイベストTV賞第9回グランプリ」など数々のドラマ賞も受賞した。

第1話は、大原櫻子をゲストに迎えた「心美人お迎えに参りました!あなたの命はあと3日……最期は僕が傍にいる」。火傷をして落ち込む女子高生・小林真実(高田里穂)を、友人の大西福子(大原)だけは毎日見舞う。そんな福子の前に突然“死神"が現れ「おめでとうございます、お迎えに上がりました」と告げる。福子の余命はあと3日。その残り3日間を悔いなく生きるように、と言い死神は姿を消した。死期が近づく自らの運命を受け入れられない福子。死神はそんな福子を気にかけつつ、彼なりの助言をしていく。福子は自分がやり残したことについて考え始めるが……。

第2話は林遣都がゲスト出演した「悪魔誕生……デスノートで上司のいじめに復讐する男!?」を。大事な仕事道具である死神手帳を紛失してしまった死神。手帳の力を悪用されれば、予定外の死を招いてしまう恐れがあり、死神と監死官は慌てて人間界へ手帳を探しに出る。その頃、偶然死神手帳を拾った島孝一(林)は、手帳に名前が書かれた人物が次々に死んでいることを知る。大手生命保険会社の営業部に勤務する島は、この手帳を使って保険の大口契約を取ることを思いつく。

放送後、SNSには、「久々の死神くん!」「また見たいと、ずっと思ってたから嬉しい!」「死神くん、再放送映らないけど配信見れる!」「めちゃくちゃ可愛い死神くん」「6年前にやってたドラマだとは思ってもないわww」「死神くん、やっぱ色々やばい……やっぱ大野智って色んな意味で天才」「死神くんの菅田将暉優勝すぎる拍手」「菅田将暉くん演じる悪魔さんと死神さんの関係性もめっちゃ好き」「最後、菅田くんが演じてる悪魔がめっちゃかっこいい!」「TVerで見たけど、やっぱいいな」「死神くんキッカケで林遣都くんに沼入りしたのでね〜思い出深い」「死神くんは林遣都という役者を認識したドラマだった」「2話の林遣都くん演じる人間と大野さん演じる死神さんとの友情が印象的だったのよ」などの感想が溢れていた。

第3話以降は、テレビ朝日で以下のスケジュールで放送。各話放送終了後から1週間、TVerで無料見逃し配信される。

第3話 11月2日(月)13:49~
第4話 11月5日(木)13:49~
第5話 11月6日(金)13:49~
第6話 11月9日(月)13:49~
第7話 11月10日(火)13:49~
第8話 11月11日(水)13:49~
第9話 11月12日(木)13:49~

4月20日に15分拡大SPでスタートの火曜ドラマ『着飾る恋には理由があって』(TBS系、毎週火曜22:00~)のリモート制作発表会見が4月17日に開催され、主演の川口春奈、横浜流星、丸山隆平、中村アン、飯尾和樹、山下美月(乃木坂46)、高橋文哉、向井理、夏川結衣が出席した。

ページトップへ
Twitter Facebook