田中圭が主演を務める土曜ナイトドラマ『先生を消す方程式。』(テレビ朝日系、毎週土曜23:00~)の第1話が、10月31日に放送。インターネット上では、田中が挑んだあるシーンに注目が集まった(以下、ネタバレが含まれます)。

“高IQの生徒たちが担任教師の命を狙う”という、禁断の学園サスペンス。脚本は鈴木おさむが担当する。東大進学率も高く、都内の進学校・帝千学園の3年D組は成績優秀者が集まるクラス。しかし、担任になった教師はみな退職に追い込まれていた。この闇深きクラスに田中演じる新たな担任・義澤経男(通称:義経)がやって来る。

初日。副担任の頼田朝日(山田裕貴)から、父親が検察のトップで優等生の藤原刀矢(高橋文哉)、母親がテレビに出演する女医でインフルエンサーの長井弓(久保田紗友)、父親が大企業の社長で学校の権力者である剣力(高橋侃)と、D組の主要メンバーを紹介されるが、経男は特に怯えることはなかった。

教室に入り、経男が挨拶をすると、東京大学出身ではない彼をバカにする生徒たち。さらに言葉のあやで謝罪を要求されたり、力からペットボトルを投げられたり散々。しかし、経男は「こういうの嫌いじゃないです」と笑顔をこぼした。

翌日の授業中、弓から担当教科である数学の難問を出されるも、経男は難なく答える。「恥をかかされた」と生徒たちは仕返しを実行することに。そんな中、力が刀矢を殴り「義経のせいだ」と言い張った。土下座を要求する生徒たち。経男は、すぐさま土下座で謝罪。力が床を舐めるよう強要すると「それで許されるなら」と笑顔でやってのけた。本当にやるとは思っていなかった生徒たちが引く中、経男は「皆さんきれいに掃除しているんですね。床がおいしいです」と笑顔に。すると「ひとつだけ教えておきたいことがあります」とテレビモニターに「パワハラ=権力×精神的暴力×弱者」を映し出す。

経男曰く、今の学校では権力は生徒たちに与えられているとし、この場合、弱者は教師になるという。さらに土下座強要シーンを隠し撮りしていたことを明かし「生徒から教師へのパワハラです」と語りかける。弓が「法律が子供を守ります!」と訴えるも、経男は動じず、相手が未成年であっても裁判を起こすことができると説明。この場合、力ではなく、社長である父親が法定代理人になるとした。

怯えた力から「何がしたいんだ!」と問われると「私は教育者です。私が教育者としてできることは、あなたの人生に傷をつけることです」とキッパリ言い放つ経男。人間は反省しない。反省するとしたら人生が大きく傷ついたときだけ。いくら子供でも、やり直すことはできず、いいことも悪いことも累積していくのだと教える。経男が謝罪を要求するも、力は「ふざけんな!」と拒否。すると、それまでいたって冷静だった経男が、急に声を荒げ「自分を守るために人を傷つけてんじゃねーぞ!」とぶつけた。追い込まれた力が「すみませんでした」と頭を下げると、経男は笑顔で「はい。仲直り!」といつもの調子に戻った。

ネット上では衝撃的な展開に「ありきたりではないドラマです。みんな見たほうが良い」「なにこのドラマ、みんなサイコパスじゃん」と驚く中、経男の床舐めシーンについては「床舐めてるう、セクシーすぎる!」「ゾクゾクとエロさすげぇよ」「全然そんなシーンじゃないのにムダにエロ」と反応する声があった。

次回は11月7日に放送。経男は、クラスの一番の悪が刀矢だと気づいていて……。

7月4日(日)よる10時30分スタート 日本テレビ系新日曜ドラマ「ボクの殺意が恋をした」。身体能力100点・ルックス100点、でも、殺しの才能0点。最高に“間が悪い”殺し屋が、標的(ターゲット)を殺すどころか恋しちゃう⁉殺意と恋が入り混

ページトップへ
Twitter Facebook