10月25日に放送された相葉雅紀)の冠バラエティ『相葉マナブ』(テレビ朝日系、毎週日曜18:00~)では、相葉らがおうちでできるモンブラン作りに挑戦。試食し、その美味しさに感動する一幕があった。

同番組は、相葉が日本の素晴らしさを学ぶため、旬の食材で究極の料理作りに挑戦したり、いろいろなものを手作りしたり、体験学習をしながら成長していくロケバラエティ。今回は、「マナブ!旬の産地ごはん~信州小布施の栗~」と題して、小峠英二バイきんぐ)、澤部佑ハライチ)と共に、長野県北部にある小布施町で栽培されている“小布施の栗”を使った絶品料理を地元民から学んでいくことに。

長野県小布施は栗の名産地として知られ、寒暖差の激しい気候や水はけがよい酸性の土壌で、美味しい栗を栽培するのに適しているのだとか。一般的な栗より、大粒で繊維が細かく、他の地域にはない独特の風味を持つのが特徴だとか。

そんな“小布施の栗”を使って、まず教わるのは、栗ごはん。栗の甘味を生かすため、調味料は何も入れずに作るのが小布施の奥様の作り方だそうで、相葉らは出来立ての栗ごはんの美味しさに感激する。

また、和菓子の茶巾しぼりや栗ようかん作りを経て、最後にいろいろな料理にアレンジができる「万能栗ペースト」作りも挑戦。その栗ペーストを使って、栗ポタージュや栗プリンを調理し、最後に、モンブランを作ることに。

スイーツの中でモンブランが一番好きだという小峠は、「うれしいよ。モンブランが作れるなんて」と楽しみにしている様子で、相葉も「考えたことないよね。買うものだと思ってた」と大興奮。

教えてくれる地元の方から「普通にモンブランを作ると簡単ではないけど、おうちで楽しむモンブランはこのペーストからすぐ作れますよ」と声をかけられ、「いいじゃない! やってみたい!」と相葉はノリノリに。

そして、簡単に出来上がったモンブランを試食した相葉は「これはうまい……」と至福の表情を浮かべ、「簡単に美味しくできるんだ」と感極まっている様子。澤部も「栗が濃いわ。栗の可能性すごいね」と感激していた。

インターネット上では、「マナブのモンブラン美味しそう」「モンブラン食べたい」「挑戦してみたい」「モンブランが食べたくなってしまってコンビニでモンブラン買ってきちゃいました」との感想があがっていた。

次回11月1日の放送は、「マナブ!味噌づくり」と題して、相葉が小峠、澤部とともに、昨年自分たちで仕込んだ味噌を味見したり、完成した味噌を使って味噌料理作りに挑戦したりする。

劇団ひとり、日本テレビの水卜麻美アナらがレギュラー出演する『幸せ!ボンビーガール』(日本テレビ系、毎週火曜22:00~)が、11月24日に放送。森泉が建設中のセカンドハウスのお風呂場作りに、水卜アナが助っ人として参戦した。インターネット上では、森とお揃いのピンクの作業着姿の水卜アナに「かわいい」という反響が寄せられた。

ページトップへ
Twitter Facebook