木村文乃が主演を務め、要人に仕える秘書たちの活躍を描くドラマ『七人の秘書』が、10月22日に放送スタート。菜々緒演じる長谷不二子の“ドS”ぶりに、インターネット上では「菜々緒に怒られるのはご褒美でしかない」などの声が寄せられた(以下、ネタバレが含まれます)。

本作は、『ドクターX~外科医・大門未知子~』シリーズや『ハケンの品格』などを手掛けた中園ミホが脚本を担当。望月千代(木村)、照井七菜(広瀬アリス)、長谷不二子(菜々緒)、パク・サラン(シム・ウンギョン)、風間三和(大島優子)ら5人の秘書たちと、情報屋の鰐淵五月(室井滋)、そしてこのメンバーの元締めとなる萬敬太郎(江口洋介)が“影の軍団”となって、金や権力にまみれた非情な支配者たちを懲らしめていく。

第1話では、巨額の赤字を抱えた東都銀行を舞台に、秘書たちが銀行内の不正を暴いていった。東都銀行の頭取・一原福造(橋爪功)とホテルのVIPルームで楽しい時間を過ごしていた秘書の七菜は、福造が心臓発作で倒れてしまいパニックになってしまう。

オロオロする七菜の前に、ホテルの制服を着た千代たちがやってきて、福造の死亡を確認。そして福造がホテルにいた痕跡を消し、風のように去っていった。表向きはラーメン屋の店主で司法書士の資格を持つ敬太郎は、福造の妻に、ラーメン店の常連だった福造から「どこで倒れても自宅で亡くなったことにしてくれ」と依頼されていたことを報告する。

一方、銀行内では福造が亡くなったことをきっかけに、常務の安田英司(藤本隆宏)が後継者として台頭。人件費カットを叫ぶ安田だったが、千代田支店長の守谷正(山崎樹範)には町工場の決算書の改ざんを指示し、不正融資した金を回させていた。

派遣社員として安田の秘書を務めていた千代は、思いつめて自殺しようとしていた守谷を間一髪で助け、敬太郎が営むラーメン屋へと連れていく。守谷は、安田の不正を内部告発しようとしたが、それすらも握り潰されてしまったと吐露。集まった秘書たちは、安田の不正を暴くために行動を開始する。

まずは安田の妻である幸世(とよた真帆)に近づき、五月が家政婦として、不二子がスピーチトレーナーとして安田家に潜入。不二子が安田の頭取就任挨拶のためのスピーチを指導しているうちに、五月が不正の証拠を探すが、安田の部屋からは証拠の品は出てこなかった。困り果てる秘書たちだったが、千代は諦めずに銀行内にある安田の机を捜索。そこで、取締役室の掃除をしていた七菜と出会い、安田を追い詰めるための糸口を掴むのだった。

決め台詞ともいえる「名乗るほどの者ではございません」が飛び出すなど、さっそく第1話から秘書たちが大活躍。表では千代が東都銀行常務秘書、不二子が警視庁警務部長秘書、サランが慶西大学病院病院長秘書、三和が東京都知事秘書としてそれぞれの仕事に従事しながらも、裏では悪を懲らしめるために暗躍するという“必殺仕事人的”な展開にインターネット上も大盛りあがり。「悪に制裁を加えるドラマ、スカッとして好き!」「さすがに中園ミホさん脚本&このキャスト!! こんな世は、スカッとする物語が受けるよなぁ」といった声が挙がっていた。

また、不二子がスピーチトレーナーに扮して安田を指導するシーンは、不二子の“ドS”っぷりが炸裂。演じる菜々緒に対し「菜々緒に怒られるのはご褒美でしかない」「菜々緒さんにしか務まらない感じのキャラやな」「やっぱりこういう役似合うなあ」「何かのプレイのような菜々緒さまw」などのコメントが殺到していた。

次回、10月29日放送の第2話は、七菜が東都銀行の秘書室長に昇進した鈴木二葉(杉田かおる)から嫌がらせを受けてしまい……。

2021年1月7日にスタートする大倉忠義が主演、広瀬アリスがヒロインを務め、恐妻家に怯える主人公がタイムスリップという奇跡がきっかけで妻を入れ替えたことにより“本当に大切なことは何なのか”を模索するファンタジーラブストーリー『知ってるワイフ』(フジテレビ系、毎週木曜22:00~ ※初回15分拡大SP)に、末澤誠也(Aぇ!group/関西ジャニーズJr.)、佐野ひなこ、安藤ニコの出演が決定。さらに、末澤が主演を務めるスピンオフドラマ『知ってるシノハラ』がFODで独占配信される。

ページトップへ
Twitter Facebook