千鳥ノブ大悟)が出演する『テレビ千鳥』(テレビ朝日系、毎週日曜22:25~)が10月11日に放送。深夜帯で放送されていた企画と変わらない内容に視聴者が大喜びした。

プライムタイムに昇格して初回の収録。気合いの入るノブだったが、大悟はパンティを頭からかぶり、手にはタバコとレモンサワーをもって登場した。「手違い!」とカメラの前に立つノブに、大悟は「22時台にいって『テレビ千鳥』が日和るんじゃなかろうか……日和るかバカタレ! たばこ・酒・パンティの3本柱じゃい!」と宣言して笑いを誘った。

今回の企画は「丸い石を探したいんじゃ」。大悟の父親が、親分と呼ばれる人に丸い石を持っていくという仕事をしていたことから着想を得たそうなのだが、ノブは「22時台でやることか!」とツッコミ。「裏で宮根(誠司)さんが『Mr.サンデー』(フジテレビ系)やっとんよ」と注意すると、大悟は下着をかぶったまま「これでニュースを読めますか?」と語りかけた。

2人は河原へ。丸い石を探すがなかなか見つからない。「大きい丸い石の方がいいよな?」「意外とないな!」と探す大悟に対し、ノブは「無理かも。『テレビ千鳥』で初めて弱気になっている」とポツリ。その独特の内容から「又吉(直樹)の番組みたい」と述べた。心が折れかけているノブに対し、大悟はやる気満々。躊躇なく服のまま川へ入る彼にノブは「おいおいすごいな。水分って分からん?」と驚く。水の流れに逆らって歩いたり、深いところまで石を探して持ってくる姿に「石モーゼやん」「石ゾンビ」「水を知らん人類」と例えた。

バーベキューをしたり、タバコタイムがあったりと勝手な大悟にやきもきするノブ。そんな中、カメラもほぼ回していないような状態で次のポイントに移動中、大悟が丸い石を見つけたという。確かにきれいな丸い石だったが、ノブは「ヤラセか……」と一言。「それだけはアカン。1回目で終わる。もう置け……あさましいことすな。俺はそれには加担しとうない。みんなクビが飛ぶんよ」とローテンションで語りかける。大悟としては本当に見つけたため、濡れ衣だが、ノブは「(この石は)六本木から来とる」と切り捨てた。あまりにもノブに疑われるため、大悟は「スタッフが(石を)見つけました」と観念して笑いを誘った。

最後に、びしょ濡れになった大悟が着替えることに。大悟がズボンをおろすとパンティを履いていた。ノブは大笑いしつつも「こんなオチ嫌や!」「パンティで始まってパンティで終わるやん」と嘆く。ここで、深夜時代から番組に登場している片岡ADが、丸い石を持って現れた。きれいな丸い石に大悟は「1回(履いている)パンティに入れてみる。深夜2時代でもやっていなかった」と言いつつ挑戦。あるハプニングが起きて笑いに包まれるも、大悟はカメラに向かって「すみませんでした! 第2回からは心を入れ替えて頑張ります。気分を悪くされた視聴者の皆さん申し訳ございませんでした」と謝罪していた。

インターネット上では深夜時代と変わらない企画内容に「10時台に進出一発目でいきなりパンティタバコレモンサワーww」「「深夜帯並に酷くて草やったわ」」「よかった、時間帯が変わってもスタンスは変わらないみたいだ」といった声があった。

次回は10月18日に放送。ノブが瑛人の「香水」にチャレンジする。

ページトップへ
Twitter Facebook