渡辺直美吉村崇平成ノブシコブシ)・青山テルマがMCを務める『あの人が「いいね」した一般人』(テレビ朝日系)。最終回となる9月21日の放送では、企業からのオファー、フォロワー約4万人増など、これまで番組に登場した人々のその後の恐るべき快進撃ぶりが明らかとなった。

芸能人のSNSを徹底リサーチし、有名人が「いいね」している一般人がどんな人なのか、その裏側に迫る番組。今回は、全20回の放送に登場した32人の一般人たちを振り返った。

「最初のころは本当に専門的な人が多かったけど、後半がやっぱり最強メンバー」と、そのメンツの濃さを振り返る渡辺。コスプレイヤー・火将ロシエルさんは、7月から10月まで4か月連続で雑誌の表紙掲載が決定、さらに人気YouTuber・HIKAKIN(ヒカキン)からもSNSでフォローされたという。「(ヒカキンは)この番組見てくれてるのかな?」と話す渡辺に青山も「ヒカキンさん来てよ!」とラブコールし、ヒカキンpresentsの回をやりたいと盛り上がった。

今回は、特に反響の大きかった2人と中継を結んでインタビュー。バービーがいいねしたお尻をゆらすトゥワークダンスの第1人者・MiQriさんと、NON STYLE井上裕介がいいねした元鉄工所勤務のグラビアアイドル・ちとせよしのさんが登場。

MiQriさんは放送後、企業からオファーを受け、これまで手作りしていたトゥワークパンツの開発が決定。ツイッターのフォロワーは1100人増え、インスタグラムのフォロワーも3300人増えたという。先日九州で番組が放送された際には、地元の視聴者から出張レッスンのオファーが殺到。実行委員が立ち上がるほどになったという。相次ぐMiQriへのオファーの話に渡辺は「アンテナめちゃくちゃはってる人が見てる番組ってことですか?」と期待をあらわにする。

一方、バランスボールに乗った動きにスタジオから総ツッコミされていたちとせさんだが、放送後に10誌以上の雑誌に登場。1週間に3つもの雑誌で撮り下ろしが掲載されたこともあったという。SNSでのフォロワー数は「インスタとツイッター合わせて4万人ぐらい増えた」というちとせさんに驚きを隠せないスタジオメンバー。吉村が「ヒカキンさんから(フォロー)してもらってる?」と尋ねると、ちとせさんは「いつも“いいね”を結構押してもらってます」と報告。

続いてちとせさんは、前回の放送で失敗に終わった「高速水飲み」に再挑戦。勢いよくペットボトルを傾けるも、滝のように水を吹き出してしまうちとせさんだったが、「でも何か面白いしセクシー」「上品さがある」と渡辺らは盛り上がる。ちとせさんに対する吉村の反応にも、「前はバラエティな感じで『何してんだよ!』みたいな感じだったけど、いまは『ほぉ〜』とじっくり見てしまっていません?」と、その変化を渡辺は指摘していた。

番組は10月から『いいねの森』(毎週水曜 24:15〜 ※一部地域を除く)としてリニューアルし、新たなシリーズとして続行する。

ページトップへ
Twitter Facebook