千鳥ノブ大悟)が出演する『テレビ千鳥』(テレビ朝日系、毎週月曜25:56~)が3月9日に放送。インターネット上では、今回放送した企画について“神回”との声があった。

以前バレンタインデー企画を行った際、大悟が濃いメイクをしてノブを喜ばせようとした。その際、企画主旨を知らされなていなかったノブは「だんだんデーモン閣下になっていく企画?」とツッコミ。これにヒントを得て、今回は「こっそりデーモン選手権」を開催。ゲストは、麒麟川島明ロッチ中岡創一ピース又吉直樹。元AKB48大和田南那とロケをしている間、大悟を含むゲストらが、ロケ中にバレないように“デーモン風”メイクを施していくというもの。

ニセ企画「お遊び千鳥」で大和田の目をそらしていくことに。大和田が卓球の試合に集中する中、まずは眉毛を濃くしていく面々。どうしても笑いが止まらず「なんでこんな楽しいんやろ?」とごまかしていく。負けた大和田に、罰ゲームとしてカメラにロングチュー顔をするよう指示を出す大悟ら。その間にメイクをしていくも、大和田はまったく気づかなかった。

続いて、大和田を得点係にさせて後ろで大悟と中岡がメイク。頬にシャドーを塗る大悟の大胆さに、負けじと濃い口紅を塗る中岡。そんな2人が今度はプレイすると、代わりに川島や又吉もメイクをして追随していった。ロケの不穏な空気と、変わりゆく彼らの顔面に違和感を持った大和田は、とうとう又吉に「なんか顔濃くないですか? おばさんみたい」とツッコミ。今回の企画は「デーモン」というキーワードさえ出なければOKで、なんとか難を逃れる。指摘されている間にも、中岡は大和田の死角でブルーのアイシャドーを施す。この大胆な攻撃に気づいた大悟は大笑い。ダブルミーニング的に「前のめりすぎると(卓球の)点が入らん。みんな(メイクを)一回抑えよう!」と話した。

ここでファーストステージが終了。大和田を現場から離したところで緊急会議が行われた。ノブは、みんなと違って方向性の違うメイクをしている又吉に「(髪型も相まって)チビジョーカーやん」とツッコミを入れて笑いを誘っていた。

セカンドステージからは、小物やカツラも用意。ロケの裏で芸人同士の闘いが繰り広げられていく……。ネット上では、昨今のバラエティでは見かけなくなったおバカ企画に「本当くだらない 笑これがバラエティだよ 笑コロナなんてクソくらえだ!」「神回過ぎるやつよww」「マジで呼吸困難なりかけました笑」と絶賛の声が相次いでいた。

名門校はなぜ、長きに渡り名門校でい続けることができるのか...。歴史や校風、卒業生のネットワークまで、名門校の知られざる姿を通してその秘密に迫る「THE名門校!日本全国すごい学校名鑑」(BSテレ東 毎週日曜よる9時放送)。MCに登坂淳一、角谷暁子(テレビ東京アナウンサー)、解説におおたとしまさを迎え、「名門とはいったい何か?」常識を打ち破る教育現場に密着する。今回紹介するのは、女子校の御三家。男子の御三家といえば「開成・麻布・武蔵」だが、女子御三家といえば「桜蔭学園・女子学院・雙葉学園」の三校。

ページトップへ
Twitter Facebook