爆笑問題太田光と講談師・神田松之丞がそれぞれの言葉で世の中を斬る“悩みに答えない”毒舌相談室「太田松之丞」が、2月5日(水)に『お願い!ランキング』(テレビ朝日系、毎週月~木曜24:50~)で放送。第23夜となる今回は、2人がカラオケで「外せない1曲」について語り合い、それぞれの持ち歌を披露した。

弘中綾香アナより、「カラオケで絶対に歌わざるを得ない状況。1曲歌うなら何?」というカラオケが苦手だという視聴者からの小さな相談が読み上げられた。すると松之丞は、「俺はカラオケ大っ嫌い! 講談に支障が出るからプライベートでは喉を極力使わない」と断言。一方、カラオケを得意とする太田の十八番はサザンオールスターズで、「常にサザンの曲で慰められ、人生の場面場面もサザンで語れる」と話し、他にも松任谷由実山下達郎中島みゆきの名前を挙げ、それぞれの楽曲に全部思い出があると語った。

松之丞も、「中島みゆきは本当の天才」と絶賛し、母親も嫌なことがあると「時代」を聴いていたと回顧。「カリスマ性を持ちすぎてしまうから、オールナイトニッポンなどではあえてアホっぽいしゃべり方をしている。ああいうキャラにしないと神化してしまうから」と分析した。加えて、「美空ひばりさんは圧倒的」と称賛し、太田も「美空ひばりと越路吹雪は別格!」と頷いた。

ここで弘中アナが、今日はスタジオにカラオケセットがあるので太田にぜひ1曲とすすめると、「俺もうマイク離さないよ」と太田。2019年カラオケランキングベスト10にランクインしている中島の「糸」を歌い採点は72点。初めて太田の歌声を聴いたという松之丞は、「なんかうまくもなく下手でもなく」とコメント。そして、どうしても歌わないといけないときは尾崎豊の「I LOVE YOU」と発したことで、歌声をテレビで初披露することに。太田、弘中アナはその選曲に爆笑するも、歌う姿を見た太田は、「毒が抜けてる。本当は素直な人だんだな」と笑った。続いて、カラオケが苦手だという弘中アナもPUFFYの「アジアの純真」を歌い、2人で可愛いと褒めた。

なぜカラオケ嫌いになったのか、その理由を松之丞は、「世代的に小室哲哉が流行っていて、嫌いではないけれど俺とは肌が合わなかった」と説明。また、植木等の「無責任一代男」は落ち込んでいるときによく聴くと言い、引きこもりの人がいたらぜひ聴いてほしい、明るい気持ちになると諭した。

インターネット上では、「松之丞歌うめぇ! いい声の人はバラード歌うと映えるなぁ」「松之丞CD出せるレベルで歌上手い」「I LOVE YOUを歌う神田松之丞かわいー。笑 弘中アナさんはもっとかわいい!!!」「弘中アナのアジアの純真聴いて元気でた」など、カラオケに乗り気じゃなかった松之丞、弘中アナへのコメントが相次いだ。

ヴォーカルの志村正彦が亡くなってから12年…当時の心境や、苦悩や葛藤…これまでの歩みまで幅広く語る「フジファブリック」ライヴでは、代表曲である『若者のすべて』を特別な演出でバンドが新体制になってから誕生した転機の曲『ECHO』を披露毎週1組のアーティストを迎え

ページトップへ
Twitter Facebook