千鳥ノブ大悟)がMCを務める『テレビ千鳥』(テレビ朝日系、毎週月曜25:56~※一部地域をのぞく)が1月6日に放送。水着美女との合コンゲームで大盛り上がりとなった。

今回の企画は「コンパの新しいゲームを作るんじゃ!!」。こちらは、ポッキーゲームやせんだみつおゲームなど、男女が盛り上がれる新コンパゲームを考え、日本の少子化を食い止めるというもの。

まず大悟が提案したのは「愛しとるんじゃゲーム」。お互いが「愛しとるんじゃ」と言い合い、目をそらしたり、照れたりしたら負けというルール。しかし、大悟の口臭が問題となり、すぐに却下となってしまう。続いて、ノブのツッコミ「クセがすごい」をモチーフにゲームを考えようとしたものの、すぐに沈黙……。「ゲームをやる」と意気込んでいた大悟の急停止ぶりに、ノブは「もう(案が)出よらん」とツッコミを入れた。ルールとして、お互いに「クセがすごい」を言い合い、「ノブ」と相手に指されたら、独特の言い回しで「クセがすごい!」と返すことにしたのだが、実際にやってみるとグダグダに。ノブは「これはキツイ」と苦笑いを浮かべた。

同じく彼らの漫才で出るフレーズを使った「イカ2貫ゲーム」は、職人に扮した相手から「マグロ1貫」や「ハマチ3貫」などと提供されたネタを食し、同じく相手にネタを返す。どこかのタイミングで「イカ2貫」と出された時に、ノブ流の言い回しでツッコむというゲーム。しかし、どうしてもうまくいかず、ノブは「俺らのネタが死によるぞ!」と落ち込んだ。

ここで、水着美女と4人でゲームをやってみることに。しかし、彼女たちのビキニ姿を見たノブが「ムラムラしてきた」と本音を吐露。次第にゲームが“エロ”方向に寄っていく……。2人は、水着美女の胸を寄せたり揺らしたりするゲームを考案。しかし、あまりのゲスさに大悟は「テレビ撮りよんか?」とツッコミ。ノブも「エロ番組か?」と言い、最後には「来週からちゃんとします」と謝罪した。

インターネット上では、2020年になっても同番組らしさが消えない展開に「新年初回がエロ回とは。ありがとうございました」「いつの時代のお笑いなんだ笑」「最近みたテレビで1番テレビ千鳥がおもれー。ただのエロ番組」と絶賛の声が相次いだ。

【配信終了:2021年2月2日(火)】動画はこちら普段は言わないことも、ついしゃべっちゃう! オードリー春日俊彰の店で、常連客の若林正恭と、今注目の有名人をゲストに迎えて送るぶっちゃけトーク番組「あちこちオードリー~春日の店あいてますよ?~」(毎週火曜深夜1時35分放送)。1月19日(火)の放送は、前回に続き、児嶋一哉(アンジャッシュ)とハナコ(菊田竜大、秋山寛貴、岡部大)のコント師2組が来店。ハナコ菊田がコントをやりたいくない、まさかの理由第7世代のハナコ。今後の戦略について、秋山と岡部は「コ

ページトップへ
Twitter Facebook