堀ちえみ

舌ガンを公表し、2019年2月に手術を受けた堀ちえみが、2020年1月7日放送の『徹子の部屋』(テレビ朝日系、毎週月~金曜12:00~)に出演。ステージ4から壮絶なリハビリを経て声を取り戻したが、手術後、初めてその肉声を披露する。

堀をアイドル時代から知る黒柳徹子。実は7人の子育てに奮闘してきた堀が、舌がんになった事を知ると、手紙を送り、闘病生活を励ましていたという。堀はその手紙に支えられてお守りのようにしてきたと言い、そんな縁もあり堀のテレビ復帰、最初の場が『徹子の部屋』となった。

収録冒頭で、黒柳から「お帰りなさい、堀ちえみさんです!」と迎え入れられた堀は大粒の涙をこぼし、「大変でしたけど無事戻ってきました」と第一声を上げる。

堀は舌の6割以上を切除し、残った舌根に太ももの皮膚や皮下組織の一部を移植。さらに首のリンパに転移した腫瘍も同時に切除した。今回、リハビリ映像も初公開し、言葉を発する事ができるようになった軌跡、家族の支えを語る。

堀は舌がんでステージ4だを告知された時は、「生きて戻って来れない」と覚悟もしており、当初は緩和ケアを選ぶつもりだったと明かす。しかし、当時16歳だった次女のあるひと言で、考えが変わったと涙ながらに告白する。

目を見張るような回復を遂げた堀に対して黒柳は「心から嬉しい! 家族と同じくらい嬉しい!」と喜びをあらわに。そして堀は、黒柳に新たな目標を打ち明ける。

気になる素朴な疑問やお悩みを、人生の達人・所ジョージがすっきり解決!学校では教えてくれない世の中の裏側や知られざる真実を、笑いながらお勉強する「所さんの学校では教えてくれないそこんトコロ!」(毎週金曜夜9時)。今回「テレ東プラス」では、3月20日に放送された番組の中から、人気コーナー「開かずの金庫を開けろ!」の内容をプレイバックする。元総理大臣の生家である豪邸に開かずの金庫が眠っていると聞き、レポーターの金子貴俊がやって来たのは滋賀県守山市。江戸時代には中山道67番目の宿場町「守山宿」として栄え

ページトップへ
Twitter Facebook