田中圭が主演を務める土曜ナイトドラマ『おっさんずラブ-in the sky-』(テレビ朝日系、毎週土曜23:15~)の第6話「俺とお前の七日間」が12月7日に放送された。今回は、山崎育三郎演じる新キャラクター・獅子丸怜二が登場。さっそく田中演じる春田創一との掛け合いを披露して物語を盛り上げた(以下、ネタバレが含まれます)。

本作は、航空業界を舞台に、CAの春田を中心とした、おっさん同士の恋模様を描いていく『おっさんずラブ』の新シリーズ。田中の他に吉田鋼太郎千葉雄大戸次重幸佐津川愛美MEGUMI正名僕蔵らが出演している。

整備士の四宮要(戸次)から“1週間お試し交際”を提案された春田は、押し切られる形でこれを承諾。1日1枚、イベントが書かれた四宮お手製のカードを引き、そこに書かれていることを実行することに。1日目は「オムライスを作ろう」、2日目は「おもちゃを作ろう」、3日目は「タピオカを飲もう」など、春田は順調に四宮とのイベントをこなしていった。

そんな春田や四宮の勤める天空ピーチエアラインに、ドバイ航空から新しいCAの獅子丸(山崎)が赴任。教育係に任命された春田は、同い年ということもありシンパシーを感じるが、獅子丸のあまりの優秀さに、「教えることあります?」とこぼしていた。

「礼二」「はるっぴ」と呼び合うなど、すっかり打ち解けた2人。獅子丸が「なんか俺、男にばっかモテるんだよな」と打ち明けると、春田も「わかる~!」と共感。しかし、獅子丸の「俺は男とか女とか、どうでもいいんだけどね。好きになるかどうかって、結局人の問題じゃないかな」という意見には、「まぁ、まぁそうか……」と言葉をつまらせていた。

また、成瀬竜(千葉)から春田と四宮が“1週間お試し交際”中だと聞かされた黒澤武蔵(吉田)は、「恋路を邪魔しない」と誓った四宮が約束を破ったことに憤慨。すかさず四宮をかばった成瀬も、黒澤から「それ恋なんじゃないのか?」と指摘されて激しく動揺してしまう。春田と四宮を巡り、お互いの利害が一致していることに気づいた黒澤と成瀬は共同戦線を張るっことに。

そして、7日目を迎え、“1週間お試し交際”がついに終了。春田は四宮に「恋愛感情じゃなくて、人として、先輩として、友情としての大好きでした。だから、俺はシノさんとは付き合えません」と伝え、さらに成瀬にこのことを報告。同時に、「この間は本当にごめん。俺、自分の気持ち無理やり押し付けた」と強引にキスしたことを謝罪した。

雨の中、傘もささずに歩いていた春田を見つけた獅子丸は、理由も聞かずに「そっか、頑張ったんだな、はるっぴ」と春田を抱きしめる。その優しさに、春田は涙を止めることができなかった。

一方、春田にフラれて落ち込んでいる四宮に、「俺が忘れさせてあげるから」と抱きしめようとする成瀬。「いい加減、面白半分で人の気持ち弄ぶのやめろ!」と叱る四宮に、成瀬は「本気だよ、だけど、どうしてあげたらいいかわかんないんだもん」と苦しい胸の内を明かしていた。

さらに、獅子丸に関する衝撃的な事実も明らかになり、どんどん複雑化していくストーリーに、インターネット上では「いったい誰と誰がくっつくの!? ああああ分からん‼︎」「イケメンが渋滞してるなぁ……せつないなぁ……」「わぁー、来週も乱気流な感じ?」と大盛り上がり。

また、新キャラクターの山崎演じる獅子丸にも注目が集まり「獅子丸と春田のコンビめちゃくちゃ好き」「獅子丸くんと春田のビジュアルの取り合わせがめっちゃしっくりくるんよ……すげーよい……」「山崎育三郎カッコ良すぎな」などの投稿が相次いだ。

テレビ東京のドラマ枠・ドラマホリック!で『レンタルなんもしない人』が4月8日(水)深夜0:12より放送スタート。主人公は依頼人の要望により、基本的に何もせずにただそばにいるだけのお仕事をしている"レンタルさん"。この"レンタルさん"は実在する人物で、2018年にTwitterに現れて以来、今も依頼が殺到している注目の人物だ。初のドラマ化で"レンタルさん"を演じるのが、主演・増田貴久だ。そんな増田へ...

ページトップへ
Twitter Facebook