劇団ひとり、松岡修造、滝川クリステル、川淵三郎

12月14日(土)に放送される『松岡修造の「聞いて下さい!先生も悩んでます」』(テレビ朝日系、18:56~)の収録が都内で行われ、MCの松岡修造と、進行の滝川クリステル劇団ひとり、ご意見番の川淵三郎が収録後の会見に出席した。

同番組は、普段、立場上弱い顔を見せることの出来ない“先生”と呼ばれる人たちの“悩み”を全国徹底調査し、その悩みを松岡による再現ドラマで紹介。悩みの問題点を掘り下げつつ、世の“先生”たちを全力で応援していく新感覚の熱血応援バラエティだ。

収録を終えた松岡は「最近は先生に注目する機会がとても少なくなってきたと思います。番組を見た方が『先生になりたい』という思いで見てくれる、そんな光になれたらと」と感慨深げにコメント。

様々な先生の悩みを取り上げる中、中には思わず耳を疑うような深刻な問題も紹介されたが、「先生の本気や情熱を出しにくい社会になってしまっている。その結果、これが自分が望んでいた職なのかって先生が思ってしまうことが残念。先生にはいつも輝いていて欲しい。これは国が支えないといけない問題だと痛感しました」と考えを述べる。

再現VTRでは自ら演技を披露して先生の職場での実情を紹介。「見ている人もきつい内容ばかり。だからどこか笑顔が出てくるようなものにしないといけない」と演技をする際は工夫をしたという。滝川から、「松岡さんの演技を見ていただきたいですね。茶道部の生徒さんたちから文句を言われるシーンは面白かったです(笑)」と高評価を受けると、松岡は「生徒役の子たちは真面目だったので、もっと厳しくやってくれとお願いしたんです」とカミングアウトし、笑わせた。

滝川は収録を通じて「すべてにおいて驚くような内容ばかりでした」と感想を述べると、「給食の問題、部活の問題など、先生が抱える問題に関して根深いテーマばかりだなって思いました」と考えさせられた様子。「もっと学校の教育の現場を知りたいなって思いました。まんべんなくいろんな声を拾ってほしい。学校の先生は決して失ってはいけない存在。このテーマを今後ももっと掘り下げていきたい」と力を込める。

劇団ひとりも「かなりリアルな重々しいテーマが数々出てきて修造さんがいて助かった」と松岡に感謝の気持ちを述べる。「ダークサイドにひっぱられそうな時に修造さんがポジティブなほうに持っていってくれた」と述べ、先生たちの職場事情については「先生の人間性やボランティア精神に支えられていて、システムとしては崩壊しているなって。ブラックだなって思った」と感想を述べた。

川淵も「今日みたいな問題を知って、先生を勇気づけてあげようという気風を番組から感じ取ってもらえれば」と番組に期待を寄せる。「教育は一番初めに家庭でやるもの。今の親は学校がすべてやるような気でいる。親がしっかり教育すべきだという責任を強く持つべきだと思いました。教育の現場を変えないと」と述べ、「教育の国家予算は減らされている。少子化だから当然ですけど、これからも減っていくでしょう。でも現状は、きっちりやられていない中でどうして減らされるんだよって、僕も腹立たしい思いです」と話していた。

雨の日が続くとお家で過ごす時間も益々増えますね。今年は、いつもより家族で一緒に過ごす時間が長くなっていますが、それだけに、問題も勃発!?そんな時、便利グッズやお役立ちアイテムがお家にやってくると、楽しく過ごせるかもしれませんね!?ぜひ、この番組を見て、「それ欲

ページトップへ
Twitter Facebook