米倉涼子主演の『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』(テレビ朝日系、毎週木曜21:00~)の第6話が、11月21日に放送。インターネット上では、解散危機を乗り越え絆の強さを再確認した“ひろみちこ”コンビに注目が集まった(以下、ネタバレあり)。

同作は、「私、失敗しないので」が口癖の天才フリーランス外科医・大門未知子(米倉)が日本最高峰の大学病院「東帝大学病院」で活躍する姿を描く人気ドラマ。前シリーズから出演する内田有紀遠藤憲一勝村政信鈴木浩介岸部一徳西田敏行らに加え、今シリーズから市村正親ユースケ・サンタマリア武田真治清水ミチコ藤森慎吾戸塚純貴ら新たなキャラクターが登場する。

第6話では、キッズビジネスで大成功を収め、一千億とも言われる個人資産を保有する若き実業家の六角橋翔太(平岡祐太)が、突然神原名医紹介所を訪ねてくる。後腹膜原発胚細胞腫瘍を患うも、他病院で手術適応に至らなかった7歳の皆月むつみ(宝辺花帆美)の手術を、未知子に依頼したいというのだ。

「お金はいくらでも払う」と大々的に宣言し、みずからのSNSにその過程を細かにアップする六角橋。好感度は上がる一方だったが、実はそれらはすべて売名のための行為で、むつみの名前すら覚えていないのが実情だった。

数日後、未知子はむつみの手術を実施。当初は後腹膜の腫瘍摘出と左肺下葉切除を分けて行う予定だったが、例によって未知子は術中に術式を変更し、2つの手術をいっぺんに終わらせてしまう! 麻酔医の城之内博美(内田)の対応により、大きな問題もなく手術は成功するが、博美は未知子の独断を非難。2人の間には不穏な空気が流れる……。

未知子とのトラブルに落ち込む博美を食事に誘う六角橋。そこでいい雰囲気になる2人だったが、突然六角橋が腹部に痛みを訴え、倒れてしまう。下された診断は肝細胞がんステージ3。未知子は「自分が切らないと助からない」と執刀を名乗り出るが、六角橋から麻酔医に指名された博美は、なんと海老名敬(遠藤)を執刀医に選ぶ。カンファレンスでも異議を唱え続ける未知子に、ついに博美は「でしゃばらないで!」とまで言い放ち、“ひろみちこ”コンビに解消の危機が訪れる。

そんな中、手術まであと3週間の六角橋の容態が急変。腫瘍の切迫破裂の恐れがあるため海老名の執刀で緊急オペをすることに。しかし血管を傷つけてしまい、大量出血で危険な状態に陥る六角橋。病院長代理のニコラス丹下(市村)から「インオペ(手術を中止して閉じること)にしなさい」と指示された博美は「傷? 患者の命がかかってるのに、お前らの傷なんて知るか!」と激怒。そして「執刀医チェンジ!」と未知子を呼ぶ。そんな2人に海老名は「閉じた方がいいんじゃないか」と提案するも、未知子・博美は声を揃え「いたしません!」と答え“ひろみちこ”コンビは復活する。

ネット上では、「Wいたしません♡」「ひろみちこ最高♡」「ひろみちこ回は本当に神回」といった #ひろみちこ のタグがツイート上では盛り上がりを見せていた。

ページトップへ
Twitter Facebook