米倉涼子が主演を務める木曜ドラマ『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』(テレビ朝日系、毎週木曜21:00~)の初回が10月17日に放送。インターネット上では、この作品の復活に歓喜する声で溢れかえった。

第6シリーズとなる最新作では「私、失敗しないので」が口癖の天才フリーランス外科医・大門未知子(米倉)が第4、第5シリーズの舞台となった日本最高峰の大学病院「東帝大学病院」に再び現れるところから物語は展開する。

金がなくなりお腹を空かせて森を彷徨っていた大門は、ひょんなことからニコラス丹下(市村正親)という日系二世のブラジル人と出会う。彼と酒や食事を共にすることで、意気投合。ある事件も解決し、さらに仲は深まった。

その頃、東帝大学病院は財政危機に瀕していた。病院長の蛭間重勝(西田敏行)は、海外医療ファンドからの300億円の出資を受けることを決定。さらに最高顧問を招へいしたのだが、その人物こそがニコラスだった。彼は医師免許を持つ海外投資のファンドマネージャーであり、赤字部門を容赦なく切り捨てるコストカッター。医師連中に「私を信じてついてきてください。私に救えない企業はありません」と言ってのけた。

彼の掲げる「東帝大学病院リバースプラン2020」は、医師・スタッフのリストラ、小児科や産婦人科などの規模縮小、附属病院の統廃合など冷酷なものばかり。さらに、潮一摩(ユースケ・サンタマリア)や浜地真理(清水ミチコ)を召集し、加地秀樹(勝村政信)を昇格することを発表した。医師が騒然とする中、大門が登場。「用はない」と突っぱねる蛭間だったが、ニコラスに呼ばれたとバッサリ。契約内容については、論文の下調べ、学会のお共など、医師免許がなくても出来る仕事については「いたしません」と拒否した。彼女のスタンスに苦言を呈する潮だったが、ニコラスは「私の理想とする医師だ!」と絶賛した。

そんな中、大門が食事をしていると、食堂で働く岩田一子(松坂慶子)が突然胸に痛みを感じる素振りを見せる。強引に検査へ連れていくと、肺塞栓症の疑いがあった。さらに検査を進めるため、入院を勧めた大門だったが、ニコラスが導入したAIシステムの指示により、勝手に緊急手術を推し進められてしまう。翌日、手術をしたはずの一子が吐血。AIは血栓を取り切ったものの、別の腫瘍を見逃していたことが発覚した。大門は、あくまでAIを推奨する潮を指さし「この人が殺しかけたおばちゃんは、私がオペして救います」と宣言。ニコラスは、再手術を容認したものの、AIの指示にしたがうように条件を提示。大門は「OK!」と返事をしたのだが……。

ネット上では、大門の活躍と引き込まれる展開に「超安定の横綱ドラマ」「ドクターXが帰ってきたなぁって実感できてほんと感動した」「とにかく後半が見事に気持ちいい」といった絶賛のコメントが多くあった。

田中圭が主演を務める土曜ナイトドラマ『おっさんずラブ-in the sky-』(テレビ朝日系、毎週土曜23:15~)の第6話「俺とお前の七日間」が12月7日に放送された。今回は、山崎育三郎演じる新キャラクター・獅子丸怜二が登場。さっそく田中演じる春田創一との掛け合いを披露して物語を盛り上げた(以下、ネタバレが含まれます)。

ページトップへ
Twitter Facebook