Mattが、10月1日に放送された『バナナマンのドライブスリー』(テレビ朝日系、毎週火曜24:15~)にゲスト出演。美容にハマるようになったきっかけを明かした。

バナナマン設楽統日村勇紀)がゲストと気になるところ3か所を車で巡る同番組。今回は「Mattが案内する大人の美容ツアー」と題して、Mattがお勧めする美容スポットを3人でまわることに。バナナマンはMattとは初対面で、いざ対面すると「うわ~いたよ。本物だ~」と声を上げた。設楽は「写真と映像越しでしか見たことなかったけど、こうやって見ると“ちゃんと人間なんだ”って思った」と率直な感想を述べると、Mattは「人間です。ちゃんと生きてますよ」と笑わせた。

今回のテーマを聞いた設楽は「俺たちが行ってもピンと来ないんじゃない?」と心配すると、Mattは「大丈夫です!」とキッパリ。「最終的な理想像は描いてきたんです。加工してきたんですよ」とスマートフォンを取り出すと、マネキンのように加工された設楽と日村の写真を披露。日村は喜びながらも「全然違うじゃん!」と突っ込んでいた。

さらに設楽は「Mattってさ、バービー人形の彼氏とかが目標なんだっけ?」と質問すると、Mattは「いや、まったくそういうのはなくて、バービーでもないし、サンダーバードでもないんです」と否定。また、美容に目覚めたきっかけについてMattは「中学生くらいのときに父(桑田真澄)の収録でスマスマ(SMAP×SMAP)を見に行ったら、(SMAPが)お人形さんに見えちゃって、だから芸能人はこうじゃなくっちゃって思って……」と告白。この日のメイクは3時間かけているといい、「この間IKKOさんに初めて会ったんですけど、“あなた毛穴ないわね”って言われました。塗りたくってるだけなんですけど」と謙遜していた。

その後3人は、Panasonicの最新美容家電を試すことができる体験型サロンへ。バナナマンは肌年齢を分析してもらったり、最新のヘアードライヤーを試したりするうちに美容に興味が出てきたようだった。

7月30日(金)放送の『マツコ&有吉 かりそめ天国』では、「お気に入りのコンビニありますか?」という質問をテーマに熱い議論が繰り広げられた。 「外国の方って感じのいい人多くない?」と話すマツコ。いい店員がいた店舗にはまた

ページトップへ
Twitter Facebook