中居正広劇団ひとりが、9月21日放送の『中居正広のニュースな会』(テレビ朝日系、毎週土曜12:00~※一部地域除く)で、古市憲寿を“ニュースな場所”に連れ出すことがわかった。

同番組は、中居が“土曜・お昼の顔”になり、話題のニュースを独自の切り口で解説していく新感覚ニュース番組。メインとなる企画「ニュース・アンダーライン」は、その週のニュースを振り返り、注目度や重要度をもとに独自のランキングVTRを作成。ニュースに出てきた中で気になるワードにアンダーラインを引いて注目し、それに関する深掘り情報をテンポ良く出していくもの。

毎回コメンテーターとして的確な意見を述べている古市は、時間があっても、インドアな遊びか家で小説原稿を書いてばかりという。そこで今回中居たちが外に連れ出すことに。向かった先は、都会のど真ん中にあるホテルのプール、幕張の超大型ショッピングモール、そして横丁スタイルの大人気焼肉店!

2020年の東京オリンピックに向け、大リニューアルを実施し、今や若者たちの間でも「映える!」と人気のホテルプールでは、「プールなんてめったに行かない」という古市らがインスタ映えを狙って写真撮影を……。ホテル推奨の“映えるスポット”でカラフルなボールや貝殻モチーフのフロート(浮き輪)などを使って大はしゃぎ。普段はスタジオで小競り合いをする中居と古市の距離がぐっと縮む瞬間も……!?

さらに、幕張のショッピングモールでは、最新鋭のスポーツマシンを楽しめる施設へ。超進化系のバッティングマシーンやトランポリンと連動したゲーム、体を使ってペアで楽しめるゲームなど、体験型アミューズメント機器でさまざまなアトラクションに挑戦する。

途中移動は劇団ひとりと中居が交代で運転する自動車。車内では、中居が芸能界の仕事で得たお宝を告白するなど、リラックスして気の緩んだトークも展開。身体を動かしたロケの終わりは、みんなで焼肉を囲んで乾杯。中居が古市と初めて出会った時の意外なエピソードや、酔った中居が父との思い出を語る一幕も。

古市を楽しませるつもりが、いつの間にか自分が一番楽しんでしまっていた中居。3人が童心に返り、都会のオアシスで心の底から楽しむ姿に注目だ。

10月15日放送の『セブンルール』(カンテレ・フジテレビ系、毎週火曜23:00~)は、劇中のダンスが話題を集めたドラマ『女王の教室』に映画『モテキ』、さらには、滝沢秀明がプロデュースする『滝沢歌舞伎ZERO』や劇団☆新感線など、数多くのヒット作の振付を手掛けてきた振付師・川崎悦子(63)に密着する。

ページトップへ
Twitter Facebook