}

さまぁ~ず大竹一樹三村マサカズ)の2人が“等身大の日常”をこっそり話す深夜のトークバラエティ『さまぁ〜ず×さまぁ〜ず』(テレビ朝日系、毎週月曜26:24~ ※一部地域除く)。8月12日の放送では、子供たちの「夏休みの宿題」について語った。

長男(小学2年生)が夏休みの自由研究として七福神めぐりをするため、空いている時間に同行したという大竹。七福神マップをもとに様々なところをまわりつつ、外観の撮影と社務所にインタビューを行った。大竹もいろいろ聞きたいことがあったが、親が質問するのは禁止のため、子供が聞き手に。インタビュアーの長男については「小っちゃい声で雑にやっていた」と言い、最初は「何の神様かな?」と大竹がフォローしたとのこと。恵比寿様に関連する神社に行った際には、ちょっとした事件が……。「商売繁盛」と聞いたものの、意味が分かってなさそうだったため「仕事がうまくいくやつだよ」と教えると、そのまま「仕事がうまくいくやつ」と記載していたと明かして、スタジオを笑わせた。また、ある神社を巡った際、御朱印も貰うために窓口に行くと100人ほどの列が。その列に大竹と息子も加わったものの、15分間で進んだのは一歩のみ。結局、別の神社で貰ったことを明かした。

一方の三村も、同じく夏休みの課題として、高校一年生の息子による“父の職業インタビュー”があると妻より予告されたと回顧。どんな話を聞かれるか、想定しておいてほしいと頼まれたと語った。自分の仕事について教えるチャンスだとしつつも、三村自身「(進路に迷う高校時代は)とにかく勉強から逃げていた」と本音を吐露。大竹から「マイナスなことしかねーじゃねーか!」とツッコミを入れられていた。

【配信終了:2020年1月30日(木)】動画はこちら売れっ子から懐かしのスターまで、芸能人が驚きの近況を報告する番組「じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告」(毎週木曜深夜0時12分放送)。1月23日(木)の放送では、元国会議員の上西小百合が国会議員になった一部始終から永田町の裏側までを大暴露!もともと一般企業に勤めていた上西。「流行り物が好きで、何か募集していたら応募するのが大好きなんですよ」という彼女は、政治家育成のために設けられた「維新政治塾」に参加して日本維新の会から出馬。しかし、一般

ページトップへ
Twitter Facebook