NMB48渡辺美優紀が、7月12日に放送された『金曜日のどっち!?』(テレビ朝日系、毎週金曜24:50~)に出演。不思議なエピソードを披露して共演者を驚かせた。

仕事や恋愛など、日常の疑問や、様々な人が悩む「どっち!?」について調査する同番組。スタジオメンバーは、アンタッチャブル山崎弘也フットボールアワー後藤輝基岩尾望)、新井恵理那で、先週に引き続き「好きになっちゃった人」と題して、渡辺のほか、市川由衣赤井沙希MALIA.がゲスト出演した。

今回は渡辺のエピソードをドラマ形式で紹介。友人から写真を見せられ、不動産業界で働くイケメンを紹介された渡辺は、その彼と連絡をとっていた。どんな時でも優しい男性にどんどん惹かれていき、いよいよ会うことに。しかし、急に仕事が入ったと前日にドタキャン。別の日に約束をとりつけても、何かしら理由をつけて断れてしまう。そんな日々が9か月も続いたため、どうして会いたがらないのか、紹介してきた友人に相談すると、なぜか、はぐらかしてきた。不審に思った渡辺が問い詰めると「じつは、美優紀がLINEしてた相手って私なの」と告白されたという。このドラマをVTRで見ていた後藤は「何これ?」とパニックになり、新井も「ホラーじゃん……」と驚いた。

まだ他にもエピソードはあり、彼の友人だと名乗る男性と電話をして、まずは、その友人と会うことに。会う前日に電話がかかってきたのだが、以前に電話していた男性と明らかに声が違ったため、それを指摘すると、様々なことが発覚。その男性は、渡辺をだましていた友人が代理業者に依頼していた人物だったのだ。

渡辺曰く、その友人は週2~3回会っていた友だちで、LINEのやりとりを見せたり、会う予定を教えたり、すべてのことを相談していた間柄。なぜそんなことをしたのか問うと、渡辺に彼氏ができるのが嫌だったと返答があったとのこと。当時、渡辺が「またドタキャンされた。関わるのをやめたい」と泣いていた時にも「諦めないで」と後押しして、離れないようにしてきたのだとか。

こうしてすべての事実が発覚した頃には、渡辺もマインドコントロールされていたようで、怒りよりも「○○くんってこの世にいないの?」と呆然となり、好きな気持ちをどうすればいいのか分からない悲しさが勝ったという。その友人とは縁を切ったが、写真の男性とは「会えるものなら会いたい」とまだ未練があることを明かした。

「主治医が見つかる診療所」(毎週木曜夜7時58分から)は、症状や病態に応じた専門的な治療法から生活の中での身近な健康法まで、皆さんが感じているさまざまな疑問に第一線で活躍する医師たちがやさしく答える、知的エンターテイメントバラエティです。今回のWEBオリジナル企画「主治医の小部屋」では、同番組のレギュラー・姫野友美医師に、男性の不妊症に関するお悩みに答えていただきました。職業や環境的なことが原因になることもあるのか、対処法などはあるのかお聞きしましょう。ウナギや緑黄色野菜は精子の形成に効果ありQ

ページトップへ
Twitter Facebook