大和田伸也

TOKIO松岡昌宏が主演を務める『家政夫のミタゾノ』(テレビ朝日系、毎週金曜23:15~)の第1話が4月19日に放送。Hey!Say!JUMP伊野尾慧とのあるシーンがインターネット上で話題になっていた。

本作は、女装した家政夫・三田園薫(松岡)が、派遣された家庭・家族の内情を覗き見し、そこに巣食う“根深い汚れ”までもスッキリと落としていく痛快“覗き見”ヒューマンドラマのシーズン3である。

アラブのある国の一族に仕えていた三田園。むすび家政婦紹介所の所長・結頼子(余貴美子)から「日本に戻ってきてほしい」と依頼があり、緊急帰国することに。そこで、所長の甥・村田光(伊野尾)の指導係として、恩田萌(川栄李奈)らと共に働くことになった。

今回依頼があったのは、個人資産800億円とも言われる丹波フーズ会長・丹波幸之助(大和田伸也)。彼は何者かに命を狙われているという。80歳になる幸之助と若き女性・ユリア(太田莉菜)の結婚を良く思っていない家族や、出入りする誰かが、遺産を狙っているというところへ、三田園らが派遣され……という展開だった。

この作品の見どころのひとつでもあるのが、一時停止シーン。三田園以外の出演者が静止した状態で、三田園が家事情報を紹介するのだが、今回も過去のシリーズ同様に健在。今回は、三田園と村田の2ショットでの場面で行われたのだが、停止しているはずの村田が、片足で震えていたため、インターネット上では「プルプル震えていてカワイイ」「母性爆破」といったツッコミが。また、2人が先輩・後輩という関係からか「これがジャニーズの洗礼かw」とのつぶやきもあり、盛り上がりを見せていた。

今年芸能生活55周年を迎えた西郷輝彦が、大泉洋主演の新ドラマ『ノーサイド・ゲーム』(TBS系、7月スタート、毎週日曜21:00~)に出演することがわかった。西郷は、『輝け隣太郎』(1995年)以来、約24年ぶりにTBS日曜劇場への出演となり、トキワ自動車社長・島本博を演じる。

ページトップへ
Twitter Facebook