マツコ・デラックス有吉弘行が、視聴者から寄せられた「2人のお耳に入れておきたいこと」に対して、好き勝手にトークをしていく『マツコ&有吉 かりそめ天国』(テレビ朝日系、毎週水曜23:20~ ※一部地域を除く)。4月10日の放送ではゲストを交えて「一流社交ダンサーに身を委ねて華麗に踊りたい!」という欲望を叶えることになった。

この企画をVTRで知った有吉は「せっかくだから美人に行ってほしい」と言うも、欲望を叶えるのがオアシズ大久保佳代子だと分かると大笑い。彼女が「パートナーにもて遊ばれるというか、まわされるのは嫌いじゃない」と受けとりようによっては不謹慎な発言をした際には「やめろ!」とツッコミを入れた。

今回は様々なダンスを踊ってみることに。初級のワルツでは、全日本の大会で11連覇するほどの実力の持ち主・石原さんとパートナーを組むことに。大久保は「爽やか」「耳が小さい」とお気に入りの様子だったが、本来のダンスパートナーが奥さんでもある蘭羅(らら)さんだと分かると「こういうタイプね。丸顔の日本的な美人……蘭羅って」とコメント。有吉は「嫉妬するのやめろ!」と注意をしてマツコを笑わせた。

ワルツをアレンジしたものを踊るのだが、マスターするには約1年かかるとのこと。今回は要点だけをまとめて30分だけレッスンすることになった。練習中どうしても体を密着させなければならないため大久保は「オッパイが当たってます」と大照れ。「蘭羅すみません。おっぱい当たっちゃった」と謝罪して、再び有吉らを笑わせた。

本番を終えた大久保は「すごく気持ちよかった」と回顧。“全部任せてくれ”という石原さんの気持ちを体で感じたそうで、すべて身を委ねたとのこと。男性の骨盤に女性を乗せ、脚力で持ち上げ回転する大技・ローリングリフトに取り組んだ際には「“このまま湯布院あたりに行って一泊できたらいいな”って思いました」と振り返った。

このほか、サンバやパソドブレに挑戦。「達してしまいました」や「体が火照った」など大久保節を連発させたのだが、イケメンの講師すべてがパートナーと結婚していたため「そういうのばっかりなの?」とツッコミを入れていた。

いよいよ開幕する「ラグビーワールドカップ2019日本大会」。前回イングランド大会で歴史的3勝を挙げた日本代表ですが、今回は自国開催ということもあり、史上初の8強入りを目標に掲げています。そんな非常に注目されている今大会をずっと心待ちにしていた人が芸能界にもいます。それが、お笑いコンビ・和牛のツッコミ担当、川西賢志郎さん。どちらかというと上品な優等生タイプの川西さんですが、実は激しい体のぶつかり合いをするラグビー経験者。今回は、意外にもラグビー芸人の川西さんに、お笑いとラグビーについてインタビュー...

ページトップへ
Twitter Facebook