西島秀俊、伊藤淳史

西島秀俊伊藤淳史が15日、都内で行われた2夜連続スペシャルドラマ『名探偵・明智小五郎』(テレビ朝日系、3月30日21:00~、3月31日21:00~)の完成披露試写会に登場した。

日本が誇る推理作家・江戸川乱歩が生み出した名探偵・明智小五郎。原作で神出鬼没の「怪人二十面相」を世界的ハッカー集団「ファントム20」に置き換え、ネット犯罪の脅威が忍び寄る現代日本を舞台にしたオリジナルドラマとなる本作。第1夜「SHADOW~警察データベース流出!! 犯罪者連続殺人」では、“警察のデータベース流出から巻き起こる犯罪者連続殺人事件”に、第2夜「VAMPIRE~巨大病院サイバージャック!! 」では、“巨大病院を襲う絶体絶命のサイバージャック”に焦点を当てながら、西島演じる明智が伊藤演じる小林捜査官となかなか尻尾をつかめない“サイバー犯罪”に挑んでいく。

西島は「これまでいろいろな作品に出させていただいてますが、最高傑作かなと思っております」と挨拶すると、客席から拍手が。伊藤も「奇遇ですね! 僕も最高傑作です。いい作品ができて本当にうれしい」と笑顔。さらに演出の木村ひさしも「最高傑作はいっぱい持ってるけど、どれにも負けない最高傑作です」と自信たっぷりにコメント。

豪華なキャストについて西島は「香川照之さんとか生瀬勝久さんとか石田ゆり子さんとか、ノリノリで自由な演技をされていた。香川さんなんてめちゃくちゃなことをしているのに、監督も止めないんですよ。それを毎日受けていてサンドバッグ状態でしたよ」と苦笑い。さらに今作では、ジャッキー・チェンを意識したアクションを披露しており、「自分の中では新しい地平が広がったなって思います」と新境地を開拓した様子だった。

伊藤演じる小林は滑舌が悪く大事なところでも噛んでしまうという役どころだが、「僕は日頃から滑舌に自信がない役者でして、そこを木村監督に見事に拾っていただきました」と自虐気味に感謝。当初噛むシーンは1か所だったのが、伊藤自ら勝手に噛むようになっていったといい「そうですね。だんだんスイッチ入っちゃって」と話していた。

ページトップへ
Twitter Facebook