音尾琢真

「今回、随所で際立ったのは音尾琢真さんですね……」
「あんなことはないのでは? というくらい音尾さんが男らしかったです」

そう語るのは、『ハナタレナックス』(北海道ローカル、毎週木曜24:20~)を担当する、北海道テレビ放送のゼネラルプロデューサーの杉山順一さんとプロデューサーの品田純さん。

音尾は、本業は役者ながら抜群のユーモアセンスで北海道中に笑いを振りまく人気演劇ユニット・チームナックス(森崎博之安田顕戸次重幸大泉洋、音尾)のメンバー。今や日本一公演チケットが取れない劇団として絶大な人気を集めているが、そんな彼らが唯一総出演しているのが、この『ハナタレナックス』だ。

普段は、北海道のローカルで放送されている同番組が、この度、2月10日(日)13時55分からテレビ朝日系にて全国ネット特別番組第5弾『ハナタレナックスEX(特別編) ニッポンが行きたい北海道~ドキドキ!札幌すごろくツアー~』として放送される。

この全国放送を記念して、彼らと長年番組を制作してきた杉山さんと品田さんを直撃。それぞれの視点で今回の“見どころと彼らの魅力”について語っていただいた。この模様は、5日間にわたって連載していく。

冒頭、両名から“音尾推し”のコメントが飛び出したが、まずは、今回の全国特番について抑えておきたい。第1弾では「函館」、第2弾では「札幌&十勝」、第3弾では「知床」、そして昨年放送された第4弾では「小樽」が舞台となり、彼らの“ゆる〜い旅”が展開した。普段は、ドラマや舞台などで役者としてそれぞれ活躍しているが、彼ら5人が唯一集まり、学生のようにはしゃぐ“素”の姿が見られるのも、この番組ならでは。今回は、第2弾でも舞台となった札幌だが、また違ったカタチでのナックスらしい旅が繰り広げられる。

この第5弾は、「ドキドキ!札幌すごろくツアー」と銘打ち、おっさん5人による2日間の珍道中が展開され、北海道グルメに魅惑の観光スポット、さらには本人たちすら忘れていたオススメスポットなどが網羅された「オリジナルすごろく」で行き先が決定する。しかし、寿司が食べたいのに、食べられない。ラッキー! と思ったのに、想像もしない指令に翻弄され、愚痴ったり、ボヤいたり、ときにズルしたりと、今回も彼らの“素”が随所で見られる内容となっている。

――なぜ、再び札幌が舞台に?

「まず、『全国の皆さんが本当に見たい北海道って?』ってところから、東京と大阪でインタビューを行いました。その結果、一番行ってみたい場所が札幌だったんです。そこでさらに、“札幌でやってみたいこと”、“食べてみたいもの”などを聞きまして、その声をすごろくに凝縮し、せっかくなのでチームナックスがオススメする独自スポットも盛り込もうってことになったんです。ただ、彼らにはそれがすごろくに反映されるということは一切言わずに、『札幌で観光案内をするとしたら?』と聞いて準備しました」(杉山さん)

――メンバーからはどんな “オススメ”が?

「音尾さんは、今釣りにハマっているようで、半分冗談だったと思うのですが、“札幌で一番大きい釣具屋さん”の名前を書いていたのが印象的でした。なので、ちょっとしたスタッフのいたずらで、その釣具屋さんをすごろくに入れてみました(笑)。実際、そこが当たるかわからなかったのですが、それを彼らは引き当てるんですよ。すると、『そもそもなんで釣具屋さんの名前を書くのよ!』って音尾さんが責められ……。普通なら、オススメの観光スポットに釣具屋さんを仕込むというのは、“本当に引いてしまったらどんなロケになるの?”と、少し怖いと思うんです。ただ、この番組の場合、僕たちは、彼らが、それを引き当てて、キョトンとした顔を撮りたい、そこが全てみたいなところがあります(笑)。それと、どこかで、『この先面白くなるだろうな……』という根拠のない自信があるんです。長年、彼らと一緒に番組をやってきたからこそなのかもしれませんが、彼らに対する信頼感みたいなのは大切にしています」(杉山さん)

――今回の旅を振り返り、印象的だったのは?

「俳優としての音尾さんは、強面のキャラクターや真面目なキャラクターを演じていることが多い印象がありますが、チームナックスのメンバーでは末っ子。今回もその釣具屋さんの件で、メンバーから散々イジられまくっていたのが印象的でした。普段全国の皆さんが、音尾さんのそういった姿を見る機会は少ないかもしれませんが、面白い音尾さんが見られるのもこの番組ならではの魅力かもしれません」(品田さん)

「そういう意味で言いますと、今回は随所で音尾さんが際立っていたかもしれません。彼の趣味も含めてクローズアップされていますし、彼は普段、全国のバラエティ番組にはそこまで多く出てはいないと思いますが、実は“バラエティな方面で面白い味を持っている”のがわかる内容になっています。本当、面白い仕上がりになっています」(杉山さん)

――5回目となる全国特番ですが、近年変わってきたなと思う部分は?

「音尾さんの話で言いますと、末っ子というスタンスは守りつつも、上のメンバーに対しても意見するようになったなと思いました(笑)。今回は、旅の後半くらいのシーンで、他の4人には決して真似できないような、音尾さんの“男らしさ”が全面に出ているところがありまして、そこは必見です。あの立ち振る舞いはもう“男!”。こんなことはないのでは? というくらい男らしい音尾さんに注目していただきたいです」(品田さん)

――他のメンバーについては?

「森崎さんは、とにかく“アポ力”が光っていました。安田さんは、いじけまくっていて、戸次さんは安定の“残念”。大泉さんはバラエティセンス抜群なボヤキが随所にでていました」(杉山さん)

「そうですね! 森崎さんは華麗なアポ取りが流石だなと思いました。安田さんは、今回は遅刻もなく……(笑)。本当に、いいイジケっぷりを見せてくれていました。戸次さんは、カメラ関係なく全てにおいて永遠の45歳児で、大泉さんに関しては、往年の“華麗なサイコロさばき”をぜひご覧いただきたいです」(品田さん)

音尾がオススメする釣り具屋さんでの彼らのやり取りも見逃せないが、この他、彼ららしさ全開のどんな“はしゃぎっぷり”を見せてくれるのか期待が高まる。次回は、「アポ力が凄かった!」というリーダーの森崎について聞いていく。

―プロフィール―

■ゼネラループロデューサー/杉山順一(すぎやまじゅんいち)さん
・過去の担当番組など:
『週刊NANだ!CANだ!』『モザイクな夜』『鈴井の巣』『ドラバラ鈴井の巣』
『イチオシ!』、40周年記念特番、『素晴らしい世界』ほか

■プロデューサー/品田純(しなだじゅん)さん
・過去の担当番組など:
『素晴らしい世界』『夢チカ18』『おにぎりあたためますか』『NO MATTER BOARD』ほか

ページトップへ
Twitter Facebook