TikTokに挑戦するくりぃむしちゅーら

くりぃむしちゅー上田晋也有田哲平)が、さまざまな“斬新企画”に挑戦する深夜の人気バラエティー『くりぃむナンチャラ』(テレビ朝日系列、毎週金曜26:20〜  ※最終金曜を除く、一部地域で放送日時・時間が異なる)。12月21日の放送では、大御所芸人の2人が若者に人気のTikTokに奮闘する姿が放送された。

そもそもTikTokとは、10代~20代の若者の中でトレンドとなっている短編動画共有サービス。「おじさんだけどTikTokで人気の振り付けを覚えよう」ということで、TikTokerを招いて流行を勉強することに。ゲストのロッチ中岡創一を含め、3人ともに名前は聞いたことあるものの、いまいちピンときていない様子だった。

今回、講師として招いたのは、いずれも“かわいすぎる”と注目を集めている、フォロワー数67万人(12月17日現在)を誇るマリナと約49万人のエリカ姉妹と、約27万人のharukaの3人。まずは「全力〇〇」に挑戦することに。音楽に合わせて出される指示に全力で表現する動画なのだが、講師の3人のお手本を見た上田は「一発で君たちを上回る」「メリハリがない」と自信満々。中岡も「我々はこういうのでお金もらってますから」と同調した。いざやってみると、リズム感は悪いものの、表情を褒められた3人。その後、スロー撮影で挑戦し、何とか乗り切った。

続いては「言いなり選手権」。音楽に乗せて指示されたことを表現するのだが、音源を聴いた上田は「ごめんね。最近(相手が何を言っているのか)よく聞き取れないの」と本音をポロリ。いざトライしたものの、まったくできない3人は「(指示者の)滑舌が悪い!」「カンペを出してくれ」とクレームを出しまくり、悪びれる様子がなかった。

その後、階段で行うシャッフルダンスに挑戦するも、歳のせいか有田は「整体行かせてよ」と言い、上田も「君たち体力あるな」と弱気発言。最後のロックダンスに至っては、あやまんJAPANの“ぽいぽいダンス”と混同してしまうなど、散々な結果となった。

ネットでは、3人の奇妙な動きに反応がある中、エリカの衣装やスタイルに注目した人も多く「巨乳だなっていう感想しかないw」「ニットでポニテとか、くそかわいいやつやん」「白い子巨乳が過ぎないか」とつぶやいていた。

ページトップへ
Twitter Facebook