左から、瀧本美織、沢村一樹

瀧本美織が、2019年1月10日にスタートする沢村一樹主演の新ドラマ『刑事ゼロ』(テレビ朝日系、毎週木曜20:00~ ※初回は2時間SP)に出演することがわかった。瀧本が演じるのは、新人刑事の佐相智佳(さそう・ともか)。沢村扮する記憶喪失の刑事・時矢暦彦(ときや・れきひこ)とコンビを組み、2人で次々と巻き起こる難事件を解決していく。

本作は、20年間の記憶を失ってしまった“記憶ゼロ”のベテラン刑事・時矢の活躍を描く新感覚ミステリー。京都府警捜査一課刑事の時矢は、“京都府警に時矢あり”と言われるほど優秀な刑事だったが、容疑者を追跡中に廃工場の貯水プールへ転落。病室で目を覚ますと、刑事拝命以来の20年間の記憶を失っていた。刑事としての経験がゼロになったことで、“五感”と“洞察力”が研ぎ澄まされた時矢は、常識の枠にとらわれた以前の自分とはまったく異なる自由なアプローチで、事件の謎を解明していく。

記憶を失う前の時矢に憧れ、念願かなって捜査一課に異動してきた新人刑事の智佳。スマートで敏腕だった時矢を尊敬するあまり、智佳は時矢が手がけた事件の調書を読み込み、その全てを記憶していた。記憶を失った時矢にとって、智佳は自分の刑事としての経験を記した“取扱説明書”ともいうべき存在。思いがけず“記憶喪失”という秘密を共有することになってしまった智佳は、一転して小心者になってしまった今の時矢をピシャリとやり込めたり、叱咤激励したりしながら、時矢の捜査に協力することになる。

事件解決へと至る刑事ドラマとしての面白さはもちろん、時矢の記憶喪失が周囲にバレないように奔走する2人のコミカルなやりとりにも注目。今回、沢村とドラマ初共演となる瀧本は、「テレビで拝見していて、ずーっと、『なんてカッコいい方なんだろう!』と思っていました。私はユーモアがある男性が好きなのですが、沢村さんはカッコいいのに面白い一面があって、しかも幅広い役柄をこなす、なんでもできる俳優さん! まさに理想のタイプかも……(笑)」とリスペクトしていることを打ち明けた。

また、時矢の“トリセツ”とも言える智佳という役については、「ハキハキしていて、“ダメなものはダメ”とハッキリとした意見を持っている女性です」と説明。そして「時矢刑事と一緒に捜査をしていくうちに、影響を受け、頭でっかちだった智佳が、良い意味で柔軟になって、成長していくのではないかな。この2人のやりとりは面白くて、私の“ツボ”に入りまくりです」と続けた。

そんな瀧本と対面した沢村は、「何より“目ヂカラ”がスゴイですね。まっすぐな瞳をしている」と絶賛。さらに、「僕が演じる時矢は、瀧本さん扮する佐相刑事がいないと成立しない役。2人はギクシャクしたり、噛み合っていなかったりしますが、とにかく今までの刑事ドラマではありえない、面白いコンビになると思います」と期待を寄せ、「瀧本さん、記憶をなくした僕のこと、ぜひよろしくお願いしますね(笑)」とメッセージを伝えた。

山本耕史が主演を務めるドラマ『抱かれたい12人の女たち』(テレビ大阪、毎週土曜25:26~※関西ローカル)の第3話が、10月19日に放送される。MEGUMIをゲストに迎えて、山本と即興の恋愛劇を繰り広げるが、MEGUMI演じる女性は“元男性”で……。

ページトップへ
Twitter Facebook