マツコ・デラックス有吉弘行が、視聴者から寄せられた「2人のお耳に入れておきたいこと」に対して、好き勝手にトークをしていく『マツコ&有吉 かりそめ天国』(テレビ朝日系、毎週水曜23:20~ ※一部地域を除く)。11月21日の放送では、ずん飯尾和樹が、キャバクラ嬢のNo.1を決める「飯尾No.1」を開催。神奈川随一の歓楽街・関内で出会った強烈な個性を持つキャバクラ嬢に、マツコと有吉も虜になってしまう。

飯尾が全国各地の歓楽街を訪れ、その土地のNo.1のキャバクラ嬢を決める人気コーナーの「飯尾No.1」。今回は、関内駅を挟み、大衆的なお店が集まる福富町エリアと高級店が集まる関内エリアに分かれている横浜の歓楽街を訪れる。

関内エリアでは、有吉も思わず「どうした、横浜!?」と口にしてしまうほど、キャラの濃いキャバクラ嬢が次々と登場。また、福富町エリアでは、20代前半の女性ばかりを揃え、ノリ重視の接客を売りにしている人気店から、No.1キャバクラ嬢のまりなさんが出演するとあって、飯尾たちも色めき立つ。しかし、いざ現れたまりなさんは、ファンデーションの塗りすぎか、はたまた色が合っていないのか、もしくはお店のライティングの不具合か、首から上が真っ白……。その違和感のある化粧にマツコと有吉は爆笑。有吉は思わず、「バカ殿か!」とツッコミを入れてしまう。

VTRが終わっても、興奮気味のマツコと有吉は、「どうにか彼女だけもう一回撮り直すこととかできなかったのかな」「映像の色味を調整してあげることとかできなかったの?」と、相当まりなさんのことが印象に残った様子。さらに、高級店やニューオープンした店のNo.1など、多種多様なキャバクラ嬢たちの登場に、マツコは「横浜、いいな!」と認識を改める。

このほか、マツコと有吉が、クリスマス時期のコンビニやスーパーの店員がやっているプチコスプレや、自分たちの周りにいる“ヘラヘラしている人”に関するトークを繰り広げる。

5月4日(火)日本テレビほかで放送の「バゲット」では、ロフトでこの春売れたお弁当グッズTOP5を紹介した。※集計期間:2021年3月1日~4月20日(ロフト全店、カラー展開含む)外食の機会も少ない今、新しいお弁当の活用法・置き弁(在宅で働く人や、リモートで勉強

ページトップへ
Twitter Facebook