宮川大輔が、11月21日に放送される『あいつ今何してる?』(テレビ朝日系、毎週水曜19:00~)に出演。中学時代に“声が震えるほど好きだった”女子同級生とVTR越しに再会する。

著名人の、今は何をしているかわからない同級生の“今”を取材する同番組。宮川が“今”を知りたいとリクエストしたのは、中学時代の新体操部のマドンナ。ズバリ“顔”が好みのタイプだった彼女に、宮川は「一緒に帰らへん?」と声を震わせながら誘ったことがあると振り返る。そんな彼女は同級生と結婚したと風の噂に聞いていたが……番組が調査したところ、なんと彼女は紆余曲折の人生を歩んでいたことが判明。しかも今、宮川と意外なつながりを持っていたこともわかった。彼女は宮川の思いに気づいていたのか!? 宮川のことをどう思っていたのか!? 卒業から約30年、ようやく真実が明らかになる。

また、当時をよく知る4人の同級生と担任教師もロケに駆け付ける。教師生活で初めて卒業させた生徒で思い入れがあるという担任は当時、宮川が台本を書き自ら演じた演劇から、宮川のお笑いの才能を感じていたことを明かす。さらに、同級生たちの暴露と応援メッセージに宮川が照れまくる一幕も。

そしてもう1人のゲストは、2回目の登場となる眞鍋かをり。今回は、前回の打ち合わせで名前が挙がった同級生の中から、スタッフが新たにたどり着いた同級生の“今”を調査。そのうちのひとりは、文武両道で毎週表彰を受けていたほど優秀だった高校時代の女子同級生。彼女は頭もよく、運動もできてピアノも上手。校内でも優秀なクラスに在籍していたが、それでいてお高くとまることもなく、フレンドリーな性格だったという。眞鍋にとっては、もはや完璧としかいいようのない“パーフェクトヒューマン”に思えたと話す。

なんと番組が調べたところ、彼女は今、異国の地で芸術的な仕事に就いていることがわかった。“パーフェクトヒューマン”だった彼女ははたして今、どこで何をしているのか!? 大人になった今でも気さくな性格はそのまま、普通ならあまり触れたがらない出来事も明るく語る彼女に、眞鍋は感動! そして、彼女もまた、当時の眞鍋は独特の笑いのセンスを持っていたと語る。その“独特”さとはいったい!?

ももいろクローバーZが、さまざまな出逢いを通して新たな発見をしていくバラエティ番組『ももクロちゃんと!』。 「ももクロちゃんと、○○○!」をキーワードに、ももクロがありとあらゆる人やモノと組むことで、新たなハレーションを

ページトップへ
Twitter Facebook